面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別 コンパネ
十三日間日本一周 カテゴリーの記事

十三日間日本一周 drive18 4th day 河口

RIMG0045_R.jpg

宿毛から四万十河口へ向かうところで夜が明けてきた。その美しさにしばし見とれる。

**********
さて。だいぶ長いこと空白を作ってしまったけど、十三日間日本一周のコマをそろそろ次のマスに進めたいと思う。まずは前半のメインイベントでもある四万十編から順に書き進めていきたい。
まだ読んでない人で興味のある人は先日INDEXを作ったので、そちらを参考にしてもらえるといいと思います。
INDEX
**********

ひたすら走り続けて3日間。なんだか初めて体も頭も休めたような気がした。こんな瞬間にこんな場所に存在できるから、やはり旅は良いものなのだと思う。

4日目のプランは、とにかく「河口から源流まで四万十川を遡る」というだけである。ルート設定も何もしていない。ただゴール地点を適当に決めて、あとはナビ任せである。その方が俺は景色を堪能することに専念できるし、予測不可能なシーンに出会うこともあるだろうと思ったのだ。

とりあえずスタート地点である四万十川河口付近を目指して移動する。途中コンビニを見かけたが、まずはスタートからということで朝食の調達をしなかった(これをあとで大いに後悔することになるのだが)。

RIMG0047_R.jpg


河口に向かう細い道の脇で古いスカイラインに出会う。

RIMG0048_R.jpg


河口付近。早朝の静寂がまだ色濃く残る午前6時。
日が昇ってまだ間もない四万十川下流は、人の気配も少なく、日本一の清流にふさわしい雰囲気を醸し出していた。季節外れであるし旅行者などは俺一人だろう。

RIMG0050_R.jpg


河口にもっとも近い地点に四万十川に関する立看板が用意されていた。
俺はここを四万十遡上のスタート地点に定めた。

RIMG0053_R.jpg


河口からしばらくはまだ人家も少なくなく豊かな農村地帯という風情だ。道路も整備されているし、公共施設も少なからず見られた。
ただ今にして思えば、最下流なのに信州の田舎と大差ないというのは少し警戒すべきことだったかもしれない・・・。

RIMG0054_R.jpg


河口からそれほど走っていないのにいきなりこんな道に・・・。
ということはさすがになくて、対岸にはそれなりに太い国道がある。ちょっと向こう岸に道路が見えたので行ってみたらいきなりの細道でちょっと面食らった。これが後に言う四万十の洗礼である。
この針葉樹の落ち葉が積もった道を突き進むと、突然民家がある。
小さな畑のある家だ。この道はその住人のためにある道なのだろう。朝っぱらなのでなるべく静かに速やかに通り過ぎた。

RIMG0057_R.jpg


四万十はとにかく美しい。それは水質がどうのという話ではない。人間がいない地球が美しいのと同じ理由で美しい。それをクルマで排気ガスを撒き散らしながら陵辱して遡上しているのだから少し後ろめたいが、いまさら仕方がない。速やかに立ち去るのみだ。

RIMG0058_R.jpg


整備されている道路もあるが、全体から見ればほんの一部である。多くは自然を色濃く残してある。残してあるのか、手をつけてないだけなのか、手をつけるほど人が住んでいないのかわからないが、たぶん3番目の理由が主だろう。とにかく川の周辺には民家が少ない。そりゃ水もきれいだろうなあと思う。

RIMG0059_R.jpg


下流で川沿いを走ると、このような欄干のない簡単なコンクリートの橋をいくつか見ることができる。クルマ一台分ぐらいしかない橋だが、国道の対岸の集落にとっては貴重な生活道路なのだろう。
川の流れはゆったりとしていて、このような橋でも十分役目を果たせるのだ。

RIMG0061_R.jpg


まだ河口から1時間も走っていない。まだ下流域に属する地点でもこの美しさである。俺はもうこの川にメロメロになっている。画像は残していないけど終始ニヤついていたかもしれない。

これまでの旅程では、直前までのさまざまな事柄が常に頭のどこかにこびりついていて、心底旅を楽しんでいなかったような気がするが、四万十に来てからは完全にそれらを忘れて、心からここに今自分がいる幸福を味わうことができていたように思う。

RIMG0062_R.jpg


白鷺。絵になる。

RIMG0063_R.jpg


遠くにさっき渡ってきたコンクリの欄干のない橋が見える。

RIMG0064_R.jpg


特に工夫しなくても画角に人工物がほとんど入ってこない。実のところ道路以外に何もないと言っても過言ではないのだ。そして、それはこの画像から数分後に大問題として俺の身に降りかかってきた。

河口からこっち、コンビニどころか売店らしきものもまったくないので、朝飯を調達できないのだ。
いや、買おうとは思っていたのだ。スタートからずっと。でも買える場所がまったくなかったのだ。宿毛のコンビニで調達しておけばよかったと後悔し始めるのはこの頃である。

飢餓状態は旅情など簡単に破壊する。この辺りからの俺は餌を求める狼のような精神状態で旅を続けることになるのだった。

20060817143509.jpg

スポンサーサイト

十三日間日本一周  INDEX

1年前に第2部再開を告知しておきながら結局(プライベートでいろいろあったからなんだけど)出来ずじまいだったのだけど、状況も変わってきたしそろそろ準備をしてみようと思う。

というわけで移転もしたことだし、おさらいも兼ねてINDEXを作りました。

第1部山陰~九州編のあらすじ
2003年3月。失業と離婚の傷を癒すべく、僕は愛車アコードワゴンで旅に出た。まずは西へ。日本海沿い山陰を一気に駆け抜け山口を経て九州上陸。北九州で素敵な出会いをし、一路福岡長崎へ。そして阿蘇桜島、鹿児島では焼酎を買い込み、一気に北上し宮崎を越え大分佐伯へ。フェリーで四国に渡った。

十三日間日本一周INDEX
drive01 1st day 砂漠
drive02 2nd day 腰痛とナビ
drive03 2nd day 山陰を行く
drive04 2nd day 古都・萩
 画像追加 鳥取砂丘
drive05 2nd day カルスト
drive06 2nd day 九州上陸
drive07 2nd day 駅前にて
drive08 3rd day 篠田(仮名)
drive09 3rd day 九州縦断計画
drive10 3rd day 長崎は
drive11 3rd day 有明フェリー
 番外編 寄ってくるべきだったのにシリーズその1「水木ロード」
drive12 3rd day 阿蘇
drive13 3rd day 桜島エクスプレス
 十三日間日本一周の続きは
drive14 3rd day 焼酎エクスプローラー
drive15 3rd day 国道10号を走る
drive16 4th day 佐伯にて
drive17 4th day 四国上陸

そして物語は第2部四国~瀬戸内編
大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: