面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別 コンパネ
2006年05月の記事

さて、どこまで真面目にやってくれるかだな

自衛隊の「宇宙利用可能」、自民・宇宙基本法案が明記

金は大いに回ってくるだろうからJAXA的には歓迎だろう。
世界の最先端宇宙開発は悲しいかな軍事とは切っても切れない関係にある。
趣味の延長のようなアカデミックな開発では資金繰りも大変だろうが、生き死にに直結している軍事目的であれば予算も潤沢なのは世の常である。

それはそれで仕方が無い。

せいぜい子供らにバレないようにうまいことやってくれ。
スポンサーサイト

赤っ恥もいいとこ

東郷青児賞の作品も酷似 芸術選奨の和田氏
盗作事件が発覚すると必ず俺は立松和平を思い出す。
常に立松和平を思い出す。
たぶん死ぬまで立松和平を思い出す。

立松和平の本を見ると全部盗作に見える。
盗作と聞くと立松和平を思い出す。

俺の中では盗作=立松和平であり立松和平=盗作なのである。

本人の大半の作品が盗作でなかったとしても、イメージの直結はもう解除が出来ないのだ。残念だけど。

つーか和田のおっさんの絵はとぼけようがねえっつーか、盗作しなきゃならんほどの絵だとも思えんのだが。よほどレベルが低いのか和田のおっさんのオリジナルは。

数バズル

20060531114811


ゲーセンで見つけた数独専用機。タッチパネル式でちょっと欲しかったが、キャッチャーのバネが強いか弱いかわからないのでスルーした。

数独をオシャレに

スージアム スージアム
(2005/11/20)
テンヨー
この商品の詳細を見る


画像が見つからないので紹介は後日にするけど、また別のSUDOKUグッズを発見した。スージアムminiってやつ。
というかDIMEの今月号で知能グッズを大特集してた。どうやらブームらしい。俺が旧サイトで並べたSUDOKUも幾つか載ってたなあ。普通に店で売ってるのばかりだったけど。そこに載ってた。

で、こないだはあくまで携帯専用機に絞っていたので紹介してなかったのスージアムminiのメーカーでリリースしているボードゲームタイプのものがある。それがこれ。
こじゃれた部屋に置いとくとなんかインテリなムードが醸し出せてなんとなく知的に見えていいかもね。つーか毎日やって実際に脳トレーニングしろやオラ。

シーラカンスかよ!すげえよ!

動く“化石”撮影成功 アクアマリンふくしまの調査隊
シーラカンスなんて言葉を真面目に聞くのは小学校の頃に読んだ学研のひみつシリーズ以来かもしれない。
だいたい変な歌の「時代遅れ」の代名詞みたいな使われ方しかしてないよね。

生きてるシーラカンスの写真ってのはすげえなあ。
20060531-04470655-jijp-soci-view-001.jpg


※タイトルが当初「シラーカンス」だったのは内緒だよ

J2第19節 柏のいぬ間に洗濯洗濯

さて。水戸観戦が決定したのでウキウキ気分のナミノですが、他の試合も気になるところ。
今節は金曜日の試合は3試合もある。
うちだけじゃないのな。

2日金曜日
水戸 19:00 横浜 求められるのは勝利。ここで勝たずにいつ勝つか。
草津 19:00 讀賣 連敗を見事に脱した讀賣。復調はなったのか?
愛媛 19:00 鳥栖 浮上するか鳥栖。新入生の定位置にハマるか愛媛。

3日土曜日
札幌 14:00 山形 好調山形VS不調札幌。
仙台 14:00 徳島 仙台の勢いは止まるのか。このまま上位に絡みつくのか。
神戸 15:00 湘南 ここで負けるともうあとは沈むしかないチームの対決。

お休みは柏。つまり勝ち点がない。ここで伸ばせないと出遅れになる。伸ばせれば一気に背後に詰め寄るチャンス。今節ばかりは引き分けでも不満だ(あ、いやでも不敗伝説とか無失点記録なんかはそのまあ続き手くれていいのかな・・・いやまてよ・・うーん)。
大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: