面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別 コンパネ
2006年07月の記事

キャンプ06 帰路

20060731212116
家に帰るまでがキャンプです
スポンサーサイト

キャンプ06 ガス

20060730220044
ツーバーナーはカセットガス。ランタン大と共通なので非常に便利だ。

キャンプ06 夕焼け

20060730215747
炊き込み中に日が暮れた。

キャンプ06 支度

20060730215521
強風の中2日目の夕食の支度を始める。

キャンプ06 調理台

20060730215139
今年からツーバーナーを導入。システムスタンドもジャストフィットだ。

手前にキッチン用のスライドのアレを付けた。実に具合がよい。

ツーバーナーはアルミダッチと深フライパンにもぴったりで使い勝手がよいのである。

キャンプ06 海

20060730182739
海はいい。

キャンプ06 青空と風

20060730182452
深夜の豪雨が嘘のように、2日目は晴れた。

しかし風が強い。
タープは乾かしたあと仕舞った。

キャンプ場から暴風林を抜けるとすぐ、九十九里の浜がある。

キャンプ06 火と水

20060730052359
食事を手短に済ませてから、海岸で花火。フンパツして打ち上げ系のパックを買ってきたのだ。

町の花火大会も始まって、少し遠いがよく見えた。

22時消灯。

そして天候急変。

豪雨の暗闇の中、崩れそうなタープだけ撤収。テントは安物ながら案外大丈夫だった。

キャンプ06 房総

20060730051457
房総上陸が1時前。

まず鴨川まで半島を横断。さらに海岸線を北上するルートを選択したのだが、想像を超えて房総半島は巨大で、キャンプ場へ着いたのは5時近くにもなってしまった。

設営にも手間取り、調理開始が7時近く、カレーが出来上がったのはもう8時近くだった。

キャンプ06 上陸

20060730050021
浜金谷に到着

いよいよ房総上陸だ。

キャンプ06 フェリー

20060729122408
12:00

久里浜からあえてフェリーを使う。

キャンプ06 休憩

20060729122151
相模湖にてエルゴラとコーヒーでブレイク。

至福のひと時。

キャンプ06 高速

20060729121812
04:30

勝沼から少しだけ高速利用。トンネル通行料みたいなもんだ。

キャンプ06 ドンキ

20060729041200
甲府で買い出しに寄る

深夜に買えるのは有り難いが言うほど安くないような
ここらで高速に乗らないとヤバイかな

キャンプ06 国道

20060729040904
経費削減のため途中まで下道を行く

25:00仮眠

キャンプ06 出発

20060729040606
22:00

やっと出発

すでに疲れてる

キャンプ2006 出発

やっと仕事が上がったので出発へ向けて動きます(まだいろいろ準備あるけど)。

帰宅する31夜までのエントリーは、道中や滞在先からのケータイキャンプレポートになります。

グラフ類は火曜日以降になりますのであらかじめご了承ください。

では行ってまいります。

スポーツマンシップを凌駕する国民性

北朝鮮選手が審判ける=女子サッカーアジア杯

あの国は俺の常識の死角からいきなりアタックしてくるなあ。すげえよ。

頭おかしいのは上の連中だけかと思ってたけど、この分じゃ国家の末端まで結構たいへんなことになってるんじゃあるまいか。

カテゴリーはもはやサッカー関連に含めるレベルを超越しているのでこっち。

パクリのボーダーラインに肉薄

全国のパクリストデザイナーに朗報。

ここまで似せても大丈夫。

20060727-00000181-kyodo-soci-thum-000.jpg


正気ですか裁判官。

疲れた

キャンプの準備をする時間がまるで削られてしまって困る。
明日の夜には出発なのに。困ったな。

J2第30節 足りないぞおい

どんなチームにも好調と不調がある。柏だって連敗していたし、神戸だって前半不調だった。

もちろん横浜FCにも好調期があったわけで、当然のように不調が訪れる。今がその時期なのだ。その不調時をかろうじて引き分けで乗り切りつつあるわけで、むしろよくやっているのだと思う。いや思いたい。

今夜ついに我々は2位ではなくなった。
2失点もした。

もうハマナチオではない。きっともうすぐ何かに生まれ変わるのだ。
だから今はサナギなのだ。いやサナギマンなのだ。
そしてゴーリキショーライで光り輝くイナズマンに変身したとき、新たな横浜FCは高いところへ羽ばたいていくのである。

つーことでとりあえず勝ち点は1確保したことを喜ぼう。
4位だが、2、3位との勝ち点差はたったの1。しかも奴らはまだ休んでない。そうだ。実質ではまだ我々が2位と言えなくもない位置にいるのだ。

それになによりアレモンが2試合連続ゴール、そしてソンヨンもデビューを果たした。いい材料も少なくないではないか。

今夜だけ下を向いてもいい。やけ酒でも飲もう。
だが、夜が明けたらまた前を向いて新たな一歩を踏み出そうじゃないか。
2006y07m26d_210250151.jpg

2006y07m26d_210618220.jpg


おまけ。
J1。日産のチームさんが大変なことになってます。
2006y07m26d_210837691.jpg

老女とナイフ

80歳の「クロコダイル・レディー」、強盗を撃退

>手にナイフを持ち、マスクを被った男が押し入った際、女性は、悲鳴を上げながら階下のキッチンに走り、巨大な肉切り包丁をつかんだ。
>驚く強盗の腹部に刃渡り約36センチの肉切り包丁を突きつけ「そんなのはナイフとは言わない。これをナイフと言うのよ」と言い放った。

齢80の老婦人にしてこのフューマーっぷり。
逆境でポンと映画のセリフとはさすがは本場英国である。

ていうかミスタービーンの撮影?

ていうか
>強盗の持っていたナイフは刃渡り約25センチだった。
これはこれでそれなりのナイフなんですけども

キャンプ計画2006 木曜夜までに済ませたいこと

これは備忘録である。

1.テント、タープ、チェアー、テーブル、マットを収容
2.バスケット1、2、段ボール1、2、3収容
3.燃料類を収容
4.食品群をチェック
5.食器類を調達(金曜でも可)
6.寝袋、エアマット、灯火類を収容
7.着替えほかサニタリー関連を収容
8.チケット類を確認
9.延長コードを調達
10.往復路用DVD、CDを確認
11.DMセットを確認
12.釣具を調達
13.酒とタバコ
14.女はいらねえぜ
15.カーステ接続
16.バッテリー確認
17.29日の録画をセット
18.車の掃除、洗浄

忙しくて発狂寸前

俺にこれ以上仕事を回すな

キャンプ計画2006 海へ 準備編 調理器具:器の章

気がつけばもう日程も目前である。

そろそろ準備を始めていかないとならないな。

調理器具に関しては昨年いくつかそろえたので今年は特別に補充していない。

1.10インチアルミダッチオーブン
 アルミ鍋は脳に悪いが、年に1回使う程度ではなんら健康に害をなすことはないだろう。軽いからこれでいいのだ。

2.パーコレーター
 思えばこれもアルミ製だな。まあ年に1回使う程度だからなんら健康に害をなすことは(以下略

3.深型フライパン
 鍋にもなるフライパン。かつては台所で使われていたものだが、いつしかキャンプ専用になってしまった。

4.まな板
 薄型のものがあるが、これもキッチン用からキャンプ専用になったものだ。薄いので持ち運びには好都合である。

5.食器類
 例年は紙食器を用いているのだが、いかんせん風に弱い。本当に弱い。今年はメラミン食器を数点調達したいのだが・・・

6.カトラリー
 例年はプラ製のカトラリーを用いていたのだが、いかんせん熱に弱い。やはりステンレス製のものをいくつか調達しておきたい。

7.マグカップ
 忘れないようにしないとな。

メラミン食器は少々値が張るが、ポリプロピレン食器なら安価である。とりあえず今年はそれで済ますか思案のしどころだ。

次はなんだろう。雑貨編かな?

J2第30節 四国へ貸したものを引き取りに行く

愛媛ふたたび。

「愛ふたたび」ならなんか映画のタイトルのようだが、媛が入るのでまるで違う内容になる。われわれは去る3月4日に愛媛の地に大きな置き土産を残してきてしまった。J2の1年生に洗礼を浴びせるどころか、初勝利の出血大サービスを施してしまったのである。そしてさらには指揮官の超短期更迭という特別な記録まで樹立させられるに至ってしまったのでは、今ではいい思い出です 忌まわしい記憶に他ならない。

春先の椿事であったか、それとも相性問題に帰着するのか。

それはすべて次の一戦にかかっている。おりしも昇格争いの真っ只中のわが横浜FCである。見事リベンジを果たし、凱旋帰浜して頂きたい。

というか次も徳島アウェーだなあ。選手はそのまま残るの?2往復?

その他の試合
柏 19:00 徳島 休んだ後の柏。一気に駆け上がってしまうのか
嫁売 19:00 札幌 上位を伺う両チームの戦い
湘南 19:00 仙台 ここは湘南にがんばって欲しいところ
神戸 19:00 水戸 神戸は上位に食いつくためにも負けられないが、水戸とてそれは同じこと
愛媛 19:00 横浜 勝つ!
鳥栖 19:00 山形 調子に乗せると怖いのが今年の鳥栖。あるいは山形が前節のフラストレーションを晴らすのか

生スカパー観戦は無理だろうなあ。車載CSがあればいいのに。

もう消化試合気分ですか?

小泉流だじゃれ“炸裂”

こりゃあクマったね。

地域リーグ特別編 混迷の北信越にひとつの結末が

日曜は松本山雅FC VS 上田ジェンシャン戦を見にアルウィンに行ってきた。嫁が相変わらずぐずぐずしていたので結局試合開始ギリギリにスタジアムに到着。試合開始前の高揚感とか選手紹介の盛り上がりとかまた見られなかった。どうもその辺がまだわかっていないようで、試合開始時間に行けばいいとか思っているようだ。まあ横浜の試合じゃないので許すけど。

観客は後で知ったが1100人以上。地域リーグでは結構入ってる方なのかな。地域人口レベルを考慮するとこれはがんばってると思うのだけど。
060723_134724_M_edited_R.jpg


ウルトラスマツモトはチャントのバリエーションが多くて驚かされる。歌詞カード配ればいいのに。人数も地域リーグのゴル裏としては結構多いのでは?(俺が横浜FCサポだからなおさらそう思えるのかもしれないが・・・)
060723_134713_M_edited_R.jpg


一方の上田ジェンシャンサポ。2人。すげえよ!ずっと声聞こえてるし。カッコいいよ。漢だ。上田には伝説的なサポがいるらしいが、彼らがその人だろうか。俺は感動すら覚えた。
060723_124717_M_edited_R.jpg


奈良・白尾・石堂といった攻撃陣は要所要所で面白いプレイを見せてくれた。DFも大きく崩れることもなく安定していたように思う(つーか後半は子守であんまり見れてないのだが)。

山雅は1-0ながら着実な勝利を得た。だがしかし、エルザもJSCも同じく勝利していたのだ。
2006y07m24d_124533513.jpg


最終戦、エルザとJSCは直接対決で雌雄を決する。エルザかJSCのどちらかが負けていれば、まだ山雅優勝の線も太かったのだが、こうなると難しい。

スポーツにたらればは無いのだが、第9節金沢戦かあるいは第10節JSC戦にて勝ち点が1点でも獲れていたのなら、山雅はまだ違う結末を迎えられたかもしれない。わずか1点の勝ち点で悲喜が決するという、試合数の少ない地域リーグならではのシビアな面を見た気がする。

しかし、最終戦では山雅にもまだやるべきことが残されている。

仮に山雅が最終戦に勝ったとする。
エルザが勝てば間違いなくエルザ優勝。山雅は2位である。
JSCが勝ったらJSC優勝。この場合も山雅が2位である。

エルザとJSCが引き分けた場合。
長野エルザ34と山雅34で勝ち点は並ぶのだが、得失点差の差が非常に大きいために山雅の逆転優勝はまず考えられない。が、2位にはなれる。

つまり次勝てば確実に2位なのである。
もっともエルザとJSCにしてみれば1位か3位かの「絶対負けられない試合」であるのでヒートアップは確実であり、リーグの焦点はそちらにあるのだが。

とりあえず2位になっておけば、何か良いことがあるかもしれないじゃないか(面倒なのでここでは書かないけど)。
2006y07m24d_171322613.jpg


2部はトップ新潟が最終戦目前にして首位に躍り出た。
1部と2部との入れ替えは、1部8位と2部1位が自動入れ替え。1部7位と2部2位が入れ替え戦を行うことになっている。

1部は残念ながら8位テイヘンズの降格が確定。7位上田ジェンシャンの入れ替え戦も確定している。
2部は最終戦で1位トップ新潟と2位ヴァリエンテ富山の直接対決が残っている。どちらかが1位なのは間違いないが、1部と同様、3位と4位にはも2位で入れ替え戦に進む可能性が残されている。
こちらも最後までなかなかの熱戦なのであった。
2006y07m24d_120730750.jpg


でも次は9月10日なのよねー。時間空きすぎだっつの。

地域リーグ順位グラフ 7月第3週 ※北信越以外

北海道リーグ お休み

東北リーグ 第1節未消化試合
第1節でまだ行われていなかったTDK VS 仙台中田。TDKの勝利。順位に変動はなし。
2006y07m24d_114059552.jpg


関東リーグ 第11節
久しぶりに開催の関東リーグ。矢板とホンダルミノッソがついに勝ち点で並び1位争い。決勝大会枠は2チームだが、このまま行けばこの2チームが切符を獲得することになる。
仮にホンダルミノッソがJFLに上がったりすると、佐川3兄弟に続いてホンダ3兄弟も誕生することになって、それはそれで面白いかもしれない。
2006y07m24d_114435743.jpg


東海リーグ 第11節の一部
静岡FCがまた試合がなかった(2週連続)のでFC岐阜が思いっきり勝ち点差をつけてしまっている。まあ先に試合をされただけではあるが、どちらも岐阜が勝っているので、静岡としては負けられないという非情なプレッシャーの元で戦う厳しいスケジュールになっている。
2006y07m24d_121333682.jpg


関西リーグ 完了済

中国リーグ お休み

四国リーグ お休み

九州リーグ お休み

JFL第20節 混迷の3位争い

1位ホンダFCが一歩ぬきんでて、2位ロッソ熊本が追いすがる形になっている。だが、3位~6位は勝ち点39でほぼ横並び。7位だって勝ち点38なのでほとんど差が無い状態である。

3位佐川東京 前半は苦しかったがいよいよ上位に
4位YKKAP 前半の前半の好調ぶりが戻ってきたのか
5位佐川大阪 少し息切れか。しかしまた復調するだろう
6位横河武蔵野 J昇格を考えるならここで沈むわけには行かない
7位栃木SC 横河同様J昇格にはふんばりどころ

今がまさに混迷のピーク。まだまだ今年の戦況は定まっていない。
2006y07m24d_113155961.jpg

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: