面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別 コンパネ
2006年10月の記事

忙しいのは罪である

なので俺は罰を受けるのだ。

日付が変わったらブログを書こうっと。

【松本映画祭】ファイナル

松本映画祭最終日は
「さよなら、、クロ」
「日本の黒い夏~冤罪~」
の豪華2本立て。会場は松本市が誇る伊東豊雄作まつもと市民☆芸術館。

さよならクロっつーのは高校に住み着いた野良犬を狂言回しにして昭和の学生の淡い恋物語を描いた青春巨編である。
前に劇場で見たので今回はパス。つか上映に間に合わなかったよ。

2本目はいわゆる「松本サリン事件」の冤罪っつーか誤認逮捕寸前みたいなあのひどい話を題材にしたモロドキュメンタリー。つーかフィクションの要素がまるで無いんじゃないか?
見たのはこっちだけ。

映画としてはかなり地味な部類。中井貴一とか石橋蓮司とか寺尾聰とヵキャストはやたら豪華だけどね。
昔見た同和教育啓蒙映画と似た雰囲気だったな。
事件の概要についてはいまさら語るまでも無い。かのオウムが土地関係の裁判で不利だったので腹いせに判事を殺そうとして、裁判所の官舎に向けて丸ごとサリンを噴霧したメチャクチャな事件である。どこの世界に住宅街で自家製の戦闘用殺人ガスを撒くアホがいるのか。
冤罪を作り上げた当時の松本警察署やマスゴミ各方面の肩を持つつもりは全くないが、当時の日本人の常識の範囲ではまったく想像もつかないぐらいデタラメな事件であったことは間違いない。

映画は地元高校生が冤罪事件として松本サリン事件の報道にかかわったSBC社員に当時の事情を聞いて回想シーンを綴るというベタな設定である。まあそのなんつーかいい意味でベタである。というかこの監督はこういう作風なんである。まあそのいろいろ批判もあるだろうが、王道がゆえにベタなんである。つまりまずベタありきであるのである。まあその、とりあえず俺が言えることは映画としてはベタであるということである。

映画の内容としては、松本サリン事件という稀有な凶悪大量殺人事件が、どのように行われ、どう報道され、冤罪がなぜ生まれ、誰がどのような運命となったかが、俯瞰的に丁寧に描かれている。実にわかりやすい。また映画としてベタなので、作為的なものが感じられなくて、ドキュメンタリーとしては非常に良いつくりであると言える。

ただ問題があるとすれば、劇中のカーチェイスのシーン。被害者である神戸氏(仮名)が警察に騙されて任意の事情聴取に連れて行かれる場面なのだが、地元を知っている目で見ると順路がてんでデタラメである。城の周りを3周ほどして、全く警察署とは違う方向に向かい、あちこち行ったり来たりしながら、最後は突然警察署に到着した。
知らん人間にとっては別にたいした問題ではないのだが、知ってる人間にとって見ればそれは興ざめである。別にどんな順でも問題ないシーンだったので出来れば道順のとおりに構成して欲しかったと思う。

さて、というわけで今週は思いっきり映画三昧で過ごしてみた。
たまにはこういうのも悪くない。
来年も開催されるといいな。

祝!横濱人SNS誕生

横浜FCサポによる横浜FCサポのための横浜FCサポのSNS(ソシャールネットワークシステム)が誕生したので申し込んだら入れてもらえた。ワーイ。

ていうかなんか初日からかなり面白いんだけど。

強いて言うなら

DFからのグラウンダーのクロスのロングパスは物理的に通らないと思います。上げろよ上によ。

もしもボックス もし第86回天皇杯が予定通り開催されていたら

横浜FC     ● 0 - 1 ○ バンディオンセ神戸
柏レイソル    ○ 3 - 0 ● 法政大学
ヴィッセル神戸  ● 2 - 4 ○ YKKAP
ベガルタ仙台   ○ 1 - 0 ● ロッソ熊本
サガン鳥栖    ○ 4 - 3 ● 立命館大学
東京ヴェルディ1969● 0 - 1 ○ 栃木SC
コンサドーレ札幌 ○ 3 - 1 ● 新日鐵大分
モンテディオ山形 ○ 6 - 2 ● 三菱自動車水島FC
湘南ベルマーレ  ○ 4 - 1 ● 関西大学
水戸ホーリーホック● 0 - 1 ○ 静岡FC
愛媛FC     ○ 2 - 0 ● びわこ成蹊スポーツ大学
ザスパ草津    ○ 3 - 0 ● FC岐阜
徳島ヴォルティス ○ 4 - 1 ● 宮崎産業経営大学
HondaFC  ○ 1 - 0 ● 高知大学

いろいろ言い訳をするならば、4回戦やらないための計略ですよとか神戸も読売も水戸も負けたじゃんとか言えるんだけど、神戸と読売の相手は今にもJ2に来そうなJFLのチームだし、水戸もJ4に負けたけど、一応こちらは首位であり、そうでないチームと同じように結果を語るのはあまりよろしくない。
まあ強いて同じじゃんを言い張るのであれば、こっちの相手は関西王者で決勝大会進出、水戸の相手は地域でも2位のとこじゃないかと無理やり差別化するネタはあるが、いずれにしても見苦しい。トホホ。

こうなったらバンディオンセ神戸には4回戦でJ1を撃破してもらって、決勝大会も優勝してさっさとJFLに上がってもらって1年でJ2まで駆け上がってもらうしかないな。

ま、仮に今年の天皇杯があったらの話だけど!

重要なお知らせ

第86回天皇杯はなかったことになりました。










まあそのなんつーかあと8試合か10試合ってことになりましたってことで。

【松本映画祭】いつでも

今夜の作品は「ALWAYS 三丁目の夕日」である。
6時半に行ったらなんとすでに満席で整理券配ってた。
急遽9時から2回目の上映が決まったので、そちらに行くことにした。
なんとしかも明日の9時からも上映することに決まったらしい。
イベントしては大成功ではないだろうか。

こりゃ来年もあるな。楽しみだ。

さて、映画の方はというと前評判は良好であった通り、短編集のような原作を巧くまとめて、大時代の人々の悲喜こもごもを穏やかなシーンの中に上手にくみ上げていた良作ではないかと思う。
俺が吉岡秀隆好きだってこともあるが、面白かったよ。
ホロりシーンが5、6箇所あったな。うん。

しかしまあ映画の舞台となったのは昭和33年である。俺は46年生まれ。俺が生まれるたったの13年前の時代である。いかに日本が急激に変化してきたか、それは俺の想像をはるかに超えるものなのだった。
今から13年前と言えば1993年だ。今と何か違う?インターネットがあるかないか、ケータイがあるかないかぐらいで何も変わらないように思う。しかし昭和33年は「もはや戦後ではない」と言いながらも個人の身の上には戦争がまだ色濃く残っている時代だった。だからこそそんな言葉が掲げられたのだろうけども。そこからたったの13年後に俺が生まれたわけだ。いろいろ感慨深い映像だった。

ところで。古いアイテムを全国からかき集めて撮影したとのことだが、1つだけ変なのは「30年前は新品だったはずのものが異常にボロい」ということだw。劇中で鈴木一家が買うテレビと冷蔵庫こそ新品のように見えるが、それ以外のものがすっかり古ぼけてしまっている。扇風機やオート3輪など、いくらなんでも錆びすぎだ。古いものって昔から古かったの?

次は9日に「さよなら、クロ」ほかがある。最後なんだっけ。忘れた。

最大残り試合数

J2のシーズンは長い。しかし終わりは来る。

残っているのは何試合なのだろう。

リーグ戦が8試合。
仮に3位だった場合にはもう2試合。

天皇杯は3回戦、4回戦、5回戦、準々決勝、準決勝、決勝の
最大6試合。

これ以上はない。
どうがんばっても正月までに16試合なのだ。

4回戦は11月初旬
5回戦は12月10日17日(入れ替え戦後かな)
準々決勝はクリスマスイブ
準決勝は12月29日
決勝はもちろん元日

俺は今年のメンバーの試合を1試合でも多く見たいのだ。
入れ替え戦はないに越したことはないけど(4位って意味じゃなくて)。

【松本映画祭】ロボットコンペティション

今夜の作品は長澤まさみ主演「ロボコン」。
赤いロボットが0点でガンバルあれとは関係ない。
おなじみ高専対抗のロボット甲子園のことである。

まあストーリーは簡単で、オズの魔法使いをベースに今風にアレンジした青春群像劇である。バラバラだった落ちこぼれ組みが紆余曲折の末一致団結して成長し、奇跡の積み重ねで大会で優勝するわけである。

普通に面白いよ。長澤まさみ可愛いし。演技は常に長澤まさみだけどw
大林節みたいに妙にカントリー色出したりしないで、あっさりまとめてるのも、俺は嫌いじゃないな。

会場には若干名幼児の姿が。どうもがんばる方のロボコンと間違えているようだ。やはりチラシにあらすじは必要だろうと思う。相変わらず老人が多いが、木更津キャッツアイほどの困惑振りはなかった。いやむしろわかりやすいストーリーと演出で好感をもたれているようにも見えた。客足そのものは昨日のアメリカンミュージカルの3分の1程度。会場は狭かったので、この辺りは織り込み済みか。

明日は「ALWAYS 3丁目の夕日」。前評判高い作品である。
ただまあ俺は西岸良平ワールドの世代でもないので(俺プラス10歳だろう)、共感度はあまり高くないかもしれない。

【松本映画祭】西側物語

今日は昨日までの市街地の映画館ではなく、郊外のシネコンが会場である。
15分前に行くと入り口はちょっとした人だかりになっている。
なんだこの盛況ぶりは。まあ爺さん婆さんばかりなのは昨日と同じだが。

今日はアメリカンミュージカルの名作「ウェストサイドストーリー」。
ストーリーはだいたい知っているが実は見たことがなかった。
いい機会である。

たぶん大きい箱だと思うのだが、始まるまでにはもうびっしり満席状態である。中高年がほとんどだが。

ていうかこんなだったら無理に新しい映画なんか上映しないで、旧作ばかり毎日やってりゃ儲かるんじゃねえのか?
たまにだから集まるのか。そうだよなあ。まあ年に1回ぐらいがいいのかもしれないな。
いずれにしても満席である以上、この企画は大成功であるといえるだろう。

で、まあ映画自体の話だが、バーンスタインの音楽が素敵って以外はまあ特に語るべきところもない。
そもそもがシェークスピアのヨタ話がベースであるし。ただまあ結末がロミオとジュリエットとは少し違うので、余韻に違和感があるが、アレンジ上避けられないところではある。
でもまあやっぱ面白いかどうかと言えば面白い。ミュージカルを上手に映画の枠に押し込めているので、舞台に行かなくても雰囲気が味わえる。長年愛される作品はやっぱり見ればそれなりに面白いのである。

しかしまあ小指みたいなナイフ一突きで即死とか、18口径ぐらいの豆鉄砲一発で大男がくたばったりと、アメリカの若者はなんとも弱弱しい。男たちの挽歌でもでも見て鍛えなおしたほうがいいな。

明日は長澤まさみのロボコン。まだ見てないので楽しみだ。
つーか木更津キャッツアイの時に後ろに座ってたおばちゃん達は「がんばれロボコン」と勘違いしていたようだ。やっぱチラシにあらすじ載した方がいいんじゃねえの?

横浜FCのある人生

首位首位と浮かれていると、傍から見るとそんな俺の気持ちは理解できないようで、
「昇格したら飽きちゃうんじゃない?」
「昇格したらあとどうすんですか?」
などと聞かれることが続いた。(1人じゃないのが面白いところだが)

ちょっと待て。俺は別に昇格するから応援してるわけじゃねえだろ。
じゃあ昇格の昇の字も見えてなかった昨年までは一体なんだったというのだ。
確かに今年は盛り上がっていてネタにすることも多く、俺の発言の実に86%は横浜FCネタであるということもあるが、何故に「昇格=応援終了」なのだ。そんなわけあるかw

仮に念願かなって昇格を成し遂げても、その後まだまだJ1定着やJ1制覇、アジア制覇、トヨタカップ制覇とその道は果てしなく長いではないか。そして連覇、3連覇とまだまだ続くじゃないか。別に普通だろ?
それとも何か?阪神ファンは阪神が優勝したら阪神ファンやめんのか?まあ中にはそんな人もいるかもしれないが、普通はやめんだろ。

ま、それだけ「昇格」ってイベントがでかいんで、なんだかゴールみたいなものに見えちゃうのかもしれないけど、俺らにとってはそれはやっぱり通過点なんだよね。
もちろんとてつもなくでかい節目には違いないけど、それでもやっぱり先はまだまだ長い、そして果てしない。

横浜FCの歌にもある。

「おお横浜 おお横浜 俺と行こうぜ
 おお横浜 おお横浜 果てしなき道
 おお横浜 おお横浜 友よ行こうぜ
 おお横浜 おお横浜 俺が死ぬまで」

歩むべき道は果てしなく、俺は死ぬまでフリエサポなのだよ。

【松本映画祭】キューポラのある街

映画祭2日目(映画祭自体は3日目・4作品め)は昭和37年の名作「キューポラのある街」。吉永小百合の娘時代の代表作である。
これは別に地域出身者とかは関係なく、邦画名作枠の作品だな。
大きなスクリーンで見られる機会も滅多にないため、昨日の木更津キャッツアイよりかなり客が多い。始まる頃にはほとんど空席がなくなってしまった。年齢層も高いぞ。まあそうだろうよな。

映画そのものは労働者啓蒙書の原作とは少し趣が異なり、吉永小百合演じる主人公の女子中学生の青春の苦悩がテーマになっている(ように見える)。まあいまさら映画そのものを語っても仕方ない。すでに語りつくされてる不朽の名作であるし。

他の客にとっては懐かしいシーンの連続。俺のような若造にとっては珍しいシーンの連続である。吉永小百合ってこんなに可愛かったんだなと思う反面、やはりどこか気高さのようなものを感じるなあ。親近感とかあんまりないのね。つーか今のほうが美人になってる気がする。
その他酔っ払い職工の父親は黄門様(東野英治郎)だし、中学教師は轟警部の加藤武だし、菅井きんは若い頃から菅井きんだし。
見知ってる俳優が出ると若くて面白い(当たり前なんだけど新鮮)。

ていうかこれパッチギの元ネタなんじゃね?w

ちなみに3年後に続編が作られているようだ。あらすじを読む限りではまったくの蛇足。希望をもって就職&夜間学校を選んだジュンが職場で差別に会うだとか、希望を持って半島に渡ったはずのサンキチ一家が舞い戻ってきたりと、それやっちゃ1作目が台無しじゃんか的ネタが満載である。ありがちだけどね。幸い見る機会はないので大丈夫だ。

なんかとりとめがないな。
んまあやっぱ名作と呼ばれて残っているものはやっぱり面白いんだな。

明日はアメリカンミュージカルの名作「ウェストサイド物語」。
もちろんあらすじは知ってるし、クライマックスシーンなら見たことあるが、通して見るのは初めてだ。いい機会だなと思う。

つーか毎日夕方6時か7時~の2時間を1週間確保するのは結構難しいなあ。今週はなんとかしていきたいけども。

【松本映画祭】OBと見る木更津キャッツアイ

さて、昨日行ってきたのは母校の創立130年記念イベントの映画祭である。郷土出身の映画人の作品を1週間一挙市内各所で順に上映するというものだ。

昨日の「木更津キャッツアイ・日本シリーズ」は監督がOBだと言うことでピックアップされたのだが、ぶっちゃけこれはTVシリーズを見ていないと何のことやらさっぱりわからん話だ。脚本はご存知宮藤官九郎である。

母校は一応歴史ある高校であるので、OBも老人が少なくない。おばちゃんもいる。

パンフレットには解説などほとんどないので、この老人たちは(老人だけで30人以上はいたと思うが)何の予備知識もなしでいきなり宮藤官九郎ワールドに放り出されたわけである。(なにしろ「この映画はTVシリーズの続編である」という説明すらないw)

この劇場版木更津キャッツは韓国ネタ満載だし、ウッチャンや山口など見慣れた芸人も多数出てくるのでご婦人方はそれなりに楽しんでいたようだが、老人方はどうだったのだろうか。

話としては主要人物が絶妙に絡み合う中で、余命を宣告された若者が、どう青春を過ごすのかという木更津キャッツアイのメインテーマが上手に描かれているのだが、それはあくまでTVシリーズを見た人間にわかることでしかない。

いや、別に映画の評論をしたいわけじゃない。

この御老人方は比較的インテリゲンチャに属する方々が主であるのだが、そのご老人が(偏見かもしれないが)普段見ないであろうコメディ、ましてやその中でも平成若者文化のカタマリのような木更津キャッツアイをいきなり見るわけである。そんなジェネレーションギャップとの直接対決を彼らがどういなすのか、そんな点が実に興味深かった。

で、無事映画は終了。30代20代も結構いたからね。

で、まあ超先輩の誰かを捉まえて感想を聞いたわけではないのだが、概ねの表情は

「・・・・・・・」

だったな。ワハハ
狐につままれるとあんな顔になるのだろうか。

今夜は吉永小百合主演「キューポラのある街」。
今度は俺たちが別のジェネレーションに触れる番だ。

【松本映画祭】たまには映画三昧

母校の記念事業で地域出身の映画人が作った映画を集めた映画祭が開かれてる。
まあ先輩に義理立てして俺も行くことに。
開幕のは行けかったが、今日から行かないとな。

今日は木更津キャッツアイ日本シリーズ。
来月のワールドシリーズのためのおさらいにはちょうどいいかな。

WE must realize our dream.

オフィシャルサイト。「夢に蹴りをつける」に英訳が添えられた。

WE must realize our dream.
訳:我々は、我々の夢を実現しなければなりません。

"must"がついに明文化された。
もはやそれは現実なのだ。

そしてみなの意思を意識を統一する意味でも、俺も同じ言葉を掲げることにした。

まあ端から見ればパクリなんだけど。ギコハハハ
いくぞ!このまま最後まで走りきって一気に飛び立つんだ!

つーか首位ですから。ええ。

J2第43節 これが蒼き不死鳥が飛び立つ瞬間だと信じている

首位。

もう俺には語るべき言葉は何もない。
もう目を離さない。ただじっと見つめるだけだ。
長いJ2の旅路でついに来るべき瞬間がやってきた。
それは山口素弘の悲願であり、チームが目指す物への確実な接近を示す予兆であり、クラブの意思の証明であり、全てのサポーターの情念の結実である。

もちろん神戸がまだ1試合多い状態にあることも忘れていないし、鳥栖や札幌、復活しつつある名門など不気味な相手が残っているし、ウチは下位に弱いという流れを忘れたわけではない。

今確実に言える事はただ1つ。

俺たちはここにいる

お待たせいたしました。グラフです。
これから当たり前のグラフになるに違いありませんと信じていますが、とりあえず今のこの瞬間をじっくりお楽しみください。
2006y10m01d_181237479.jpg


ん?ちょっとよく見えませんか?
そうですか。

ちょっとお待ちください。




どうですか?
2006y10m01d_181244709.jpg


はい、じゃあ今度は順位行きますよ。
心の準備はいいですか?

ほーれ
2006y10m01d_181217009.jpg


すいません、今夜は飲んじゃっていいですか!

あと仮想ラインのグラフも最新版です。
もう下方修正しなくていいね。
2006y10m01d_181317787.jpg


あと記念に撮影しました。
保存してプリントしてデスクに飾るです。
2006y10m01d_175813206.jpg


ちなみに俺の作ってる画像はすべてコピー&改変&リンクフリー!
好きなように使うべし!

J2第4クール展望 お休みの前に少し整理する

第4クールの戦績を整理していくシリーズ
※(卒)はゲットした卒業に必要な単位

40A 水戸 ○●○○(9)笠松初勝利(卒)
41H 草津 △○△●(5)草津と5分で終了
42H 仙台 △△△○(6)仙台に勝ち越し(卒)
43A 山形 ○○○○(12)全勝達成(卒)

国立2連戦を含む第4クールスタートダッシュを3勝1敗というまずまずの成績で走り出すことができた。

ちなみに本当に他よりよかったかどうかは
神戸 ○-○● 2勝1敗
柏  ○△○未 2勝1分
なので実は明日または次節までよくわからないw

さて、今後の予定であるがまだまだ厳しい戦いが続く。まったくもって目が離せない2ヶ月となる。こんなエキサイティングなシーズンはフリューゲルス最期の年以来じゃないだろうか。

※天皇杯3回戦       10月8日(日) 三ツ沢
 ・対するは石田雅人のバンディオンセ神戸。面白い相手が来た。
 ・智吉は出場停止を消化できるらしいのでありがたい。
 ・試合開始は13:00。NHK BS1で生放送あり
44休           10月14日(土)
 ・このタイミングでの休みはありがたい
45H 札幌 ○●○?(6)10月18日(水)三ツ沢
 ・このところ好調どころか爆裂している札幌
 ・なんとかシーズン勝ち越しで終わりたい
46A 湘南 ○○△?(7)10月21日(土)平塚
 ・一応勝ち越しは決めているが、去年の借りはまだ残っている
 ・餞別をもらって卒業しよう
47A 柏  ○●○?(6)10月28日(土)柏
 ・おそらくは2位決定戦になるのではないだろうか
 ・いずれにしてもこのカードは勝ち越さなければならない
※天皇杯4回戦       11月4日・5日
 ・3回戦に勝っていれば、これが来季の前哨戦になる。
48H 読売 ○△△?(5)11月11日(土)三ツ沢
 ・なぜかここまで5分。もちろん勝ち越しは必須だ。
49A 神戸 ○△●?(4)11月18日(土)神戸ウイ
 ・厳しい3連戦の最後が神戸とは。首位攻防戦になっているだろうか。
 ・いずれにしてもここも勝ち越さないとな。
50H 徳島 △○○?(7)11月23日(木)三ツ沢
 ・目下最下位の徳島だが、うちは下位に弱い傾向がある(草津しかり)
 ・むしろ上とやるより厳しいかも
51A 鳥栖 △△○?(5)11月26日(日)鳥栖
 ・鳥栖も5分。勝ち越しが卒業に必要な単位になるだろう
52H 愛媛 ●○△?(4)12月2日(土)三ツ沢
 ・実は第1節の借りがまだ返せてない。
 ・もう順位は確定しているころだと思いたいが・・・

【参考】
入れ替え戦J2ホーム    12月6日(水)
入れ替え戦J1ホーム    12月9日(土)
※天皇杯5回戦       12月9日(土)

こうして見ると結構まだ勝ち越し決めてなかったんだなあ。
つーかこの流れだと残り全勝しないとだめじゃん。大変だ。
大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: