面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別 コンパネ
2006年10月の記事

SFL:1st Div. 第11節 うーむ

2006y10m31d_064001921.jpg


Liviキビシイ状況。ここのところ勝ち星に恵まれず。
まだ上とはそれほど離れていないので、復調すれば大丈夫だが。
スポンサーサイト

J2第47節 史上最も価値のあるドロー

松本へ帰還。このあと会社に行かなければならない。
取り急ぎグラフだけ。

順位に変動はなし。



しかし目的地へ向けて確実な一歩を歩んだ。
2006y10m30d_151546609.jpg


次まで2週間か。長いなあ。

J2第47節 手にした物は

20061029045748
夢を現実に変換する確かな一歩。

限りなく勝利に近い引き分け

20061028160955
声出ない

HITACHI DIE

20061028131903
いい地名だ。

太陽王崩御

20061028130703
つーか撤去。

J2第47節 日立台

20061028124910
近い。つーかむしろ狭い。
横浜側サポ結構多いかも。

J2第47節 食う

20061028083143
季節柄か新宿~神保町~小岩を探したが柏餅は見つからず。豆餅で代用。昨夜喰らう。鶏肉も喰ったので万全。

J2第47節 出撃日立台

20061028083058
気力充分。いざ

J2第47節 日立台の決闘

いよいよ。明日である。
俺は今日明日貯めてあった代休を取り、月曜日に有休で半休をとって少しゆとりのある日程で現地へ赴く。

簡単に日程を示す。

27日
AM松本発。今回は高速バスを利用。
柏餅を食う。
都内各所で所用を済ませ小岩泊。

28日
AMより日立台入り。
14:00より決戦。
16:00から脱出作戦。
夜は予定ナシ。つーか空けてある。

29日
息子としんよこFPへ。練見デビュー。サインがもらえるといいが。
午後はマリノスタウンのイベントを見学。増田、薩川らを見る。
流れでみなとみらいで遊ぶ。夕食まで。

30日
AMのバスで帰還。

この間PCがないので全部ケータイからのエントリーになる。
グラフは月曜までたぶんできないのでお待ちを。

さて。俺の話は自分用メモ程度なのでどうでもいい。

日立台か。三ツ沢と日立台。聖地と呼ばれる2つのスタジアムで試合が見られるなんて俺は幸せ者だな。もちろん日立台は初めてである。楽しみだ。

今夜神戸-愛媛戦があるので明日は試合終了時に上位順位がわかる。
いろいろと楽しみが多くていいな。この試合を観戦対象にしてよかったかもしれない。横浜SNSで知り合った人と会えるのも楽しみだ。といってもたぶん何度か顔は見てる相手じゃないかとは思うんだけど。でも現場ではそんな余裕は無いかもしれないか。

とりあえず出発前の最終エントリーなので出すものを出しておく。

戦績と日程。( )内は頂いた勝ち点
40A 水戸 ○●○○(9) 
41H 草津 △○△●(5)
42H 仙台 △△△○(6)
43A 山形 ○○○○(12)
44休
45H 札幌 ○●○○(9)
46A 湘南 ○○△○(10)
47A 柏  ○●○?(6)10月28日(土)柏 【観戦】
48H 読売 ○△△?(5)11月11日(土)三ツ沢
49A 神戸 ○△●?(4)11月18日(土)神戸ウイ
50H 徳島 △○○?(7)11月23日(木)三ツ沢
51A 鳥栖 △△○?(5)11月26日(日)鳥栖
52H 愛媛 ●○△?(4)12月02日(土)三ツ沢【観戦】

柏との個別戦績ではお互いホームで勝利している。2勝先行しているが、全然アドバンテージではないな。まさに天王山。仙台との3位決定戦に次ぐ、2位決定戦といっても過言ではない。

さて。行くか。

日本各地のグラフ

JFL後期第10節(27節) ロッソ暗雲


王者HondaFC、大阪とのフュージョンを控えた佐川東京、鉄壁YKKAPら強力門番軍団がどどーんと立ちはだかり、肥後の種馬・ロッソ熊本がずるずると4位に交替。昇格に向けて暗雲が立ち込めてきた。一応順位は目安なので、4位でもダメってことはないのだろうが、とりあえず3位以上が望ましく、2位以上なら大丈夫ということだから、ラストもうひとがんばりしないと難しい。鹿島との馬鹿ダービー実現のためにも、がんばってくれ。俺は応援しています。

東北リーグ 残すは最終消化試合のみ
2006y10m24d_063639203.jpg

東北リーグは勝ち点を節順に再整理。グラフを再構築した。最終順位は確定。途中の何節かの順位のみ未確定である。

中国リーグ 第13節まで完了
2006y10m24d_064043234.jpg

最終節を残すのみとなった中国リーグ。戦力的にはファジアーノ岡山withジェフェルソンが一歩抜きん出ているようだが、戦績的には1位と2位の差はわずかだ。最終節は1位F岡山-3位佐川中国、2位C中国-4位レ山口の好カードぞろい。
ファジアーノ岡山は勝つかC中国が引き分け以下なら決勝大会へ。
セントラル中国はF岡山がまけた場合に勝てば決勝大会へ。
佐川中国はC中国が負けた場合にF岡山に勝てば2位に(優勝は無い)
レノファ山口は勝っても負けても順位に影響はないが、決勝大会進出チームがどれになるかに関しては重要なファクターだ。
最後の最後で面白いリーグになった。

四国リーグ 最終消化試合が決戦
2006y10m27d_065808640.jpg

節に合わせてグラフを再構築した。第12節を1試合のみ残して他は終了しているが、よりによってその1試合が首位を決める需要な一戦となった。サッカーの神様とはなんともこういう状況が大好きのようだ。
グラフではわからないが、カマタマーレは勝ち点2をリードしている。
つまり最終決戦において、引き分け以上で優勝が確定する。南国に課せられた使命はただ勝利あるのみである。
最後の最後で四国が熱い。

さて。今週末で地域リーグも最終的な日程が全国で完了する。
いよいよ全国決勝大会が始まるわけだ。
今年はJFLでロッソが卒業(予定)、東西佐川がフュージョン(予定)なのでロッソがここで大崩れさえしなければ入れ替え戦なしで2チームがJFLへ自動昇格できる(予定)というボーナスステージである。
早くJへあがりたい物好きチームはもちろん、アマ最高峰を狙う各種育成機関や、門番候補たちが生き馬の目を抜く争いを展開するだろう。
来週あたり決勝大会参加チームの整理でもしてみようかな。

すっかり忘れてたけどとっくに2周年を過ぎていた

毎日ブロガー仲間のaibaさんのエントリーを読んで、ああ、かんたんにそういうことを言うブログももう1年になったんだねえと感慨深い読者感想に浸っていたら、ふと

俺は2周年過ぎてるじゃねえか!

すっかり忘れてた。3年目突入ともなるとこんなもんか。
結婚記念日もすっかり忘れてるぞ。これから結婚する人は覚えやすい結婚記念日にすることを強くお奨めする。

10月7日に最初のブログを解説してから調子こいてダラダラ毎日書き続けて気がつけば2年を突破。最近は小ネタを控えるようにした関係で月間エントリー数目標100というのをやめた。今は「毎日」だけがノルマである。あと内容はすっかりサッカー一色(シアン100%)になったな。

今年の変化としてはやっぱりグラフかな。なんか特色めいたものが出てきて自分でも少しうれしい。

さて。横浜が佳境であるのでお祝いなんかは先送りにして、いくぞラストスパート6!
まずは柏から。

トップリーグへの片道切符



shirts-shokaku3_R.jpg

横浜FCのゴール裏主力のBLUTIGRE YOKOHAMAが6月の軍曹餞別Tシャツに続いて昇格争い盛り上げTシャツを製作指揮してくれているので総員ゲットだぜ。
一次締め切りは明日26日まで!

申し込みサイトはここからGO!

受け取りが東京戦、神戸戦、徳島戦かぁ。んー。

世界グラフ

リーガエスパニョーラ第7節まで終了。
2006y10m24d_074208937.jpg

バルサの時代はまだ続くようだ。でもまだちょっと連勝連敗があればガラッと順位が入れ替わるような状況下にあるので、わからない。

スコットランド・プレミア第11節
2006y10m24d_074129296.jpg

セルティック、ハーツ、レンジャーズの3強体勢が固まりつつある。このまま行っちゃうのかな。

セリエA第7節
2006y10m24d_001101099.jpg

八百長買収の影響は未だ解消されず。つーか挽回は無理じゃねえのかこれは。なかなか強烈な制裁だったようだ。

イングランドプレミア#9 ガナーズ浮上

2006y10m24d_000349083.jpg


マンCは降下してしまったが、首位マンU、2位チェルシーらを追って、アーセナル通称ガナーズも一気に上昇してきた。
そろそろ順位も落ち着いてきた頃だろうか。

重い

書けないじゃんよ

SFL:1st Div. 第10節 がんばれLivi、がんばれTWEED! 

昇格をかけてまさに佳境に入りつつある横浜FC。

しかし地球の裏側に同じく昇格を目指して戦う男たちがいた。

リヴィングストンFC。略称Livi。
黄色いユニフォームの11頭の獅子たち。
その1頭はもちろんあの「軍曹」、STEVEN TWEEDその人である。

お待たせしました。そのリヴィングストンFCが所属する、スコットランドフットボールリーグファーストディヴィジョンの順位グラフがついに出来上がりました。

俺がプレミヤとかリーガエスパニョーラとかセリエAあたりのグラフを作っていたのは、全てこのための布石であります。
とりあえずネタ元を確保。そしてなんとかここまでの順位をまとめることができました。まったく苦労したぜハニー。
2006y10m23d_232644239.jpg


Liviは目下のところ第5位。1位~5位までの勝ち点差は3点なので、まだまだ混戦の最中であります。

TWEEDはといえば第1節から主力選手として活躍。7節と9節以外はスタメンで出場、第3節と最近の第10節ではMOMも受賞しておるわけであります。そのうちゴールも出るなこれは。

まあ詳しいことはLiviのサイトでも見てください。

とりあえずグラフが出来たので今後とも毎節Liviの状況を追跡していきたいところであります。

J2残り泣いても笑っても全6節 グラフ的シミュレーションの試み

激戦のJ2-2006も残すところ6節。
トップ3(トップ2+1)もすべて休みを終え、いよいよ直接対決が始まるわけで、方々でマジック勝ち点の計算も始まりボルテージはチャージアップ(意味不明)の一途であります。

俺もまあなんかわかりやすく示せないかなと思ったんですが、やっぱグラフ芸しかないよな、というわけでちょっとこんな試みを。

とりあえず3強の直接対決は47節~49節に集中している。
サッカーの神様の趣味のせいなのか、リーグの編成局の予知能力の賜物なのか、実は既定路線なのかわからないけど、とにかくそんな盛り上がるには最適な状況になっている。

47 横浜-柏 神戸-確変鬼愛媛
48 神戸-柏 横浜-腐っても読売
49 横浜-神戸 柏-あきらめてからが強い仙台

ポイントは直接対決とその裏のもう1試合の行方ということになる。

50~52のラスト3戦の予定は以下の通り。

50 横浜-徳島 神戸-草津 柏-山形
51 横浜-鳥栖 神戸-湘南 柏-札幌
52 横浜-愛媛 神戸-仙台 柏-湘南

取りこぼしが無ければ3チームとも全勝しかねないのがラスト3節である。が太字の試合は要注意とも言える。比較的取りこぼしにくいのは柏なのかな。もっとも横浜にとっては確実に愛媛にリベンジして卒業に必要な最後の単位をもぎ取る必要があるわけだけどね。ただ愛媛が確変起こしてるので嫌な感じではある。まだ先だけどね。三ツ沢だしなんとかなるっしょ。

さて。基本情報は以上の通り。とりあえずラスト3は3チーム全勝、かつ47~49も直接対決以外はそれぞれ勝利という前提で、直接対決の行方のみに的を絞ってグラフ化してみたい。

まずは理想中の理想。横浜がこのあと6戦全勝するケースだ。
2006y10m22d_050930003.jpg

勝ち点は100。神戸が柏に勝っても問題ない。これで優勝である。
まあそりゃ全勝できりゃ優勝に決まってるわな。

柏が神戸に勝った場合は
2006y10m22d_051328546.jpg

なんと終盤で1敗しても大丈夫!すげえ。
まあ何にしても直接対決で勝つってことは素晴らしいことなわけだ。

俺としてはそれでいいんだけど、サッカーの神様はもっと波瀾をお好みかもしれない。
直接対決で残念ながらうまくいかなかった場合(両方負け)はこうなる。

柏が神戸に勝った場合。(柏全勝コース)
2006y10m22d_051747508.jpg

柏に全勝されるとさすがに厳しい。やはり直接対決の重要性は高い。

神戸が柏に勝った場合(神戸全勝コース)
2006y10m22d_051836188.jpg

神戸が全勝した場合は辛うじて2位ということになるが、横浜は他試合では引き分けも許されない。大変。

神戸と柏が引き分けた場合
2006y10m22d_051924137.jpg

柏と得失点差で2位を争うことになる。万が一得失点差で並んだ場合はアウトだ。総得点では勝ち目がない。幸い現時点では得失点差で優位にあるので、柏がよほどの大量得点試合をやらない限りは大丈夫だ(たぶん)。

柏とうちが引き分けた場合は
2006y10m22d_053004027.jpg

残り柏が全勝しても、うちが神戸に負けても追いつかれない。
ああ、湘南のカズゴールがなんと貴重だったことか。

いずれにしても直接対決以外の12試合で、上位が全部勝つということもなかなか難しいだろう。取りこぼしは必ずある。
上のグラフなど所詮机上の空論に過ぎない。
だがしかし、次節日立台決戦で1点でも勝ち点をもぎ取って置くことは、こちらにとって重要すぎるほどに重要なのである。

J2第46節 カズゴール

「カズは戦力外」だの「カズ不要論浮上」だのといったヨタ記事ばかり書いていた三流記者の皆さんこんばんわ。シーズン終盤でカズの存在は必ず生きてくると信じて疑わなかったnaminosです。

負けると暗雲、勝てば大いなる前進、頼みのアレモンは不在。守りの要早川が出場停止という、実は結構なピンチだったこのJ2第46節湘南戦@平塚競技場(場所の相性は最悪レベル)。

ここで出た。カズゴール。

ゴル裏が信じ続けてコールし続けたカズゴール。
何度コールしたか誰も覚えてないぐらいコールし続けたカズゴール。

今日(正確には昨日)、遂にその実物が。しかも貴重な決勝ゴール。
この試合で勝利することがどのぐらい重要かは後ほど別のエントリーで詳しくお伝えしますが、なんにしてもメデタイ。実にメデタイ。

素晴らしい過程、経過であると声を大にして言いたい。

試合内容の分析、解説は他の皆さんにお任せしてますので、俺は今日も感情的な総論のみで済まさせていただきますが、順位は見事2位キープ(おっと負けてても2位は同じか)。



順位よりもこの勝ち点カーブが素敵。
2006y10m22d_033054867.jpg


前日に敵地や敵チームにこじつけた名物を食すのはどうも効果がありそうだ。もちろん来週は柏餅を頂きます。

J2第46節 トウハト食ったり

20061021001234

予告どおり東鳩製品を食いました。
キャラメルコーンがなかったのであげぱん。

これで明日は万全だ。

これどうしよう

http://www.f-marinos.com/news/topic.php?code=1161067628

日産のイベントなんだが、後藤義一、増田功作をはじめ、薩川了洋まで出てくるそうだ。あとこの加茂監督ってのはやっぱ加茂周監督のことか?

・・・まあ横浜FマリノスのFの部分を考えると、あっちはあっちでフリューゲルスの正統後継者という気ではいるのかなぁ。

10月29日マリノスタウン14時だそうだ。
29日は午前中にしんよこFPで初練見のつもりだから、
そのあとみなとみらいに流れようかなぁ。うーん・・・。

と思ったらその日はクラメンバーベキューか。俺行けないけど。
んー。日産イベントの方は俺が取材に行くってことにするかな。

Vファーレン長崎に松本山雅の白尾選手がレンタル移籍

今季幾度となくアルウィンで軽快なドリブルからの突き刺すようなシュートを見せてくれた、松本山雅FC(通称ターミガンズ。北信越リーグ2位)の白尾選手が、九州王者V・ファーレン長崎へレンタル移籍することになったそうだ。

うちの高木超監督がうちに来る前にテクニカルアドバイザーをつとめていたチームで、3年前に国見SCと有明SCが合併して出来たチームである。元横浜フリューゲルスの原田武男もいて、去年はコーチだったのにいつの間にか現役復帰していたりもするチームである。今季のシーズン前には練習試合の相手をしてもらったりしたチームでもある。
まあなんというか横浜FCとはいろいろ関係のあるチームである。
(もっとも関係云々で言えばNW北九州もなんだけど)

地域決勝大会、少し興味がわいてきたかもしれない。

J2第46節 平塚名物ってなんだ?

平塚の名物で検索してみたがどうにもわかりにくい。
都まんじゅうとか漁師鍋、七夕、ピ○サ○などなど。
対応が難しいなあ。

仙台のときは蟹食ったんだよな。あれは昔の胸サポからの流れだな。
札幌のときのジャガイモだってまあこじつけだし。
それでいいんだな。

今の湘南の胸サポは産能大。うーんダメだな。食えない。
湘南は。昔は中田がいて結構強かったよな。
中田が個人的に支援してたりしてるって話も聞いたことあるな。
中田といえば東鳩。ふふん。
キャラメルコーンでも食うか。よし。

さて。頂点まで残り7段。
柏に鈍りが見えた今が一気に駆け上がるチャンスだ。柏は今節休みだし。
ここはきっちり連勝して日立台での戦いにさらに意味を持たせなければならない。

戦績と日程。( )内は頂いた勝ち点
40A 水戸 ○●○○(9) 
41H 草津 △○△●(5)
42H 仙台 △△△○(6)
43A 山形 ○○○○(12)
44休
45H 札幌 ○●○○(9)
46A 湘南 ○○△?(7)10月21日(土)平塚
47A 柏  ○●○?(6)10月28日(土)柏 【観戦】
48H 読売 ○△△?(5)11月11日(土)三ツ沢
49A 神戸 ○△●?(4)11月18日(土)神戸ウイ
50H 徳島 △○○?(7)11月23日(木)三ツ沢
51A 鳥栖 △△○?(5)11月26日(日)鳥栖
52H 愛媛 ●○△?(4)12月02日(土)三ツ沢【観戦】

湘南は昨年の借りがまだたっぷりあるように思う。
もう3ぐらい頂かないと卒業単位は足りないんじゃないかな。

J2第45節 まずは1段上がった

直前になんかカズがキングカプセルとかいう未来グッズで大変なことになっているといううわさを耳にし、スタメンに組み込まれていてうわさは本当かと驚き、試合をみてうわさが本当だったと確認した。すげえ。

中盤若干鈍ったのが不安材料としてはあるが、好調などといわれていた北海道に3-0の快勝。まったく問題ありません。これをあと7回お願いします。

実のところ試合開始まではチームの状態が実際はどうなのかわからなかった。休養は正解だったのか、それとも失敗なのか。試合が経過するにつれそんな不安は忘れてしまい、先制で吹っ飛んだ。小村、アレモン、早川。

ん?
また全部クロスからのヘッドか?w

カズ&城になってからは得点される気がしなかった。
そして結果はその通りになった。

今季チーム最大得点&完封。
本当にお疲れ様でした。

スタンドの声もよく聞こえてましたよ。バッチリ。

そんでもって神戸は勝ったけど、柏がなんと愛媛に大敗。
まだ休んでない柏にとっては痛い敗戦だろう。
しかも柏だけ天皇杯4回戦がある。しかもJ1と。
まだまだ油断なんか出来る状態ではないが、風向きがこちらに有利なのは間違いない。

というわけで2位であります。グラフで確認してください。


上位3チームの入れ替わりっぷりが異常。

2006y10m18d_210714484.jpg

上位3チームの絡み合いっぷりも異常。

仙台のときも前日に蟹食って3ヘッドの快勝だったんだよなあ。
昨日もジャガイモ食って正解だったし。
こりゃあ最終節まで前日に敵の名物を食い続けることにするかな。

さしあたって金曜日には何を食えばいいんだ?
平塚の名物(こっちでも入手可能なもの)ってなんだろ。

J2第45節 ちなみに

昨晩ジャガイモ喰らいました

J2第45節 栄光への8段階段は三ツ沢から始まる

あと8ステップを残すのみ。
休養は十分。調整も十分。士気も十分。何もかも全部十分だ。
進め横浜FC。栄光への階段を駆け上がるのだ。

戦績と日程。( )内は頂いた勝ち点

40A 水戸 ○●○○(9) 
41H 草津 △○△●(5)
42H 仙台 △△△○(6)
43A 山形 ○○○○(12)
44休
45H 札幌 ○●○?(6)10月18日(水)三ツ沢
46A 湘南 ○○△?(7)10月21日(土)平塚
47A 柏  ○●○?(6)10月28日(土)柏 【観戦】
48H 読売 ○△△?(5)11月11日(土)三ツ沢
49A 神戸 ○△●?(4)11月18日(土)神戸ウイ
50H 徳島 △○○?(7)11月23日(木)三ツ沢
51A 鳥栖 △△○?(5)11月26日(日)鳥栖
52H 愛媛 ●○△?(4)12月02日(土)三ツ沢【観戦】

こうしてみると未だどこにも2敗していない。
このまま最後まで行ってくれ横浜FC。

2戦観戦を決めているが、もう1試合行きたいと思っている。
11月23日徳島戦@三ツ沢あたりかなぁ。

世界中はサッカーであふれている

J1第27節 一歩飛び出した浦和レッズ
2006y10m16d_225701156.jpg

残り7試合もあるのでまだ情勢は定まっていないが、浦和が一歩抜け出した形。甲府も残留安全圏内中ほどまで進出。ボトムスリーがここまで離れていればまず降格には縁がないだろう。一方FC東京はどうにも困った状況に陥りつつある。スタートで大コケした広島が巻き返しを図る中、急に降格ゾーンに捉えられることはないにしても、東京の苦しい状況に代わりはない。平山もどうにも期待通りの活躍というわけにはいかないようで、何か起爆剤が欲しいところだろう。16位争いは相変わらず熾烈で、勝ち点1差に福岡京都C大阪の3チームがひしめき合っている。最初にあきらめるのはどのチームになるのだろうか。

JFL後期第9節 進めロッソ
2006y10m16d_230205437.jpg

上位陣がそろって勝つという実に順当な週末。2位YKKと3位ロッソ熊本は同勝ち点で並び、得失点差が違うだけである。残り8試合だが、よほど大崩れしない限りは来季のJ2入りは濃厚であるといえるだろう。ちなみに4位佐川東京と5位佐川大阪は今季後の合併が決まっている。来年以降にJリーグを目指すチームにとってそれが吉と出るか凶と出るか。

東北リーグ 残り各1試合か2試合 勝ち抜けは確定
2006y10m16d_230657625.jpg

ようやく日程の大半が片付いてきた東北リーグ。TDK秋田とグルージャ盛岡の決勝大会進出は確定したようだ。

中国リーグ 第12節 キジは逃げ切れるのか
2006y10m16d_233143250.jpg

ジェフェルソンのファジアーノ岡山が首位の中国リーグはいよいよ終盤。遅れていた11節の2試合が終わって2位と3位が入れ替わり。残り2節で上位3チームの全てに決勝大会の切符の権利が残された。

四国リーグ 残り1~2試合 南国かカマタマか
2006y10m16d_230717609.jpg

第14節(最終節)の半分が終わっているが、グラフにはまだ反映させていない。3位以下にはもう決勝大会の切符の権利はないが、南国高知FCが残り1試合。カマタマーレ讃岐は2試合を残している。勝ち点では南国が一歩リードしている。カマタマーレの来週の14節がどのような結果であっても、29日の12節の残り1試合である南国VSカマタマの試合の結果で全てが決まることになっている。サッカーの神様は相変わらず苛烈だ。

スコットランドプレミア 第10節 中村ハットトリック
2006y10m16d_230635187.jpg

中村がハットトリックを成し遂げたとのニュース。セルティックが連覇へ向けて着実に歩を進めている。

セリエA第6節 インテル首位に
2006y10m16d_225610234.jpg

スキャンダルの影響がまだ色濃いセリエA。インテルが首位を獲得。一方で順調にハンデを埋めつつあったACミランが少し失速。他の3チームも沈んだままだ。

リーガエスパニョーラ第6節 バルセロナ首位街道まっしぐら
2006y10m16d_225531171.jpg

チャンピオンバルサはとりあえず磐石のよう。一時低迷したビジャレアルも中位までは復調。このまま上位に食い込めるだろうか。


イングランドプレミアはまだ全試合済んでないのでのちほど。

のだめカンタービレ16巻。出てた。

のだめカンタービレ #16 (16) のだめカンタービレ #16 (16)
二ノ宮 知子 (2006/10/13)
講談社
この商品の詳細を見る

ふと立ち寄ったコンビニで発見。
今回は千秋真一が指揮者を勤めるマルレ・オケの再建の過程が描かれている。
相変わらず面白い。コンマスと千秋の最強タッグによりマルレのダメオケマンがどんどこ修正(再教育)されていく姿は痛快ですらある。
あとターニャの恋の行方も気になるところ。
今回はのだめの影が薄いな。

ところでこれドラマになるんだよな。もう始まってるのかな。
(16日からだった。見てみるか)
のだめこと野田恵を演じるのはスイングガールズの上野樹里。
んー。悪くないキャスティングじゃないかな。ほかに適任も思いつかないし。

J2第44節 勝つべきところが全て勝った

こちらが休みで他が勝てば上に行かれるのは当たり前。
すべて織り込み済みである。

3位。しかし首位柏と勝ち点2差。2位神戸とは1差である。
柏はまだ休みがない。

結局のところ前にも言ったようにサッカーの神様は他力本願を許さないのだ。
欲しいものがあれば奪い取れ。
奪えなければ持ち去られるだけだ。

これから上位同士の決戦が始まる。
負けたところが堕ちてゆく。
下では仙台がまだ蠢いていて隙は無いかと虎視眈々としている。
食いつかれたらどうなるかわからない。

休みは終わった。再び我々は戦場へ赴く。
呼び覚ませ闘う心を。我々は挑戦者なのだ。

というわけでグラフです。
2006y10m14d_193434865.jpg

これからシーズン一杯まで胃が痛くなるようなギザギザの軌跡を描くのだろうか。最後に3番目にいるのは誰だ!

2006y10m14d_193742595.jpg

勝ち点はこのとおり。まるで差が無い状況が続いている。
三匹の竜が絡み合うようにして天空を目指しているかのようだ。

一年生になったら

コアサポ10000人出来るかな。

今年はこんな感じでバラついていたわけである。


手の届く範囲での試合があまりなかった。
ホームですら遠征の俺としてはなかなかアウェイまで手が伸ばせないのである(と言いながら日程の問題で結局アウェイばっかり行ってんだけど)。

しかーし。来年は違う。来年はこうなる!
20061013005330.jpg

どうだろうこの関東甲信越を中心とした高密度配置。

これならアウェーだろうがなんだろうがみんなでバンバン行ける。つーか行くべき。行くしかないじゃん?

だかぁらぁ。ぉねがいぃ。僕らをJ1に連れてってぇええん。
ねぇぇん。ぃいでしょぉお?

つーか頼んだから。ね。
大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: