面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別 コンパネ
2007年03月の記事

ヒッチハイクの続き

宇宙の果てのレストラン 宇宙の果てのレストラン
ダグラス・アダムス (2005/09/03)
河出書房新社
この商品の詳細を見る


ヒッチハイクの続きっていうかアーサーもフォードも全然ヒッチハイクしてないんだけど、ヒッチハイク・ガイドの核心には少しだけ迫った。迫ったんだがそのまま大きく話がそれてレストランに行ってしまうのだった。

相変わらずの軽妙ぶりでザクザク読み進められる。
職場と家と2往復もすれば十分だろう(しかもそのうち何%かは眠っていてもだ)。

問題は3冊めがまだ手元にないってことだ。(シリーズは全5巻)。
単巻完結というわけではないようなので、続きが絶対読みたくなるに決まってる。早めに手を打っておきたいところ。
スポンサーサイト
大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: