面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別 コンパネ
2007年07月の記事

そういえばキャンプの準備の季節だった

忙しさにかまけて忘れていたが
そろそろ考えて行かなければならない問題がある。

それは何かとたずねたら

もちろん毎年恒例の父子キャンプである。


第1回は群馬県神流町で化石発掘キャンプ
第2回は神奈川県丹沢で焚き火キャンプ
第3回は千葉県九十九里で海岸キャンプ

と経験値を蓄え装備を充実しきたわけであるが

今年はどうするか。

一応昨年末は「来年は長瀞あたりでカヌーキャンプ」かなと
思っていたのだが、カヌーはちと早いかもしれないなあと
思い立った。というか移動時間を少なめにしたいのと、
最終日のエクステンションに富士急ハイランドを入れたいなと
思ったのである。

例年は映画に行ったり大恐竜博に行ったりしているのだが
(九十九里になったのは幕張の大恐竜博の影響がある)
今年は新しいガンダムのアトラクションが始まった
富士急にしようかなと思うのである。

というかガンダムライド結局行ってねえーーー

まあ富士急であれば、息子ピックアップしたあとの流れもいいし、
今年からの千葉発という位置関係を考えてみても
行ったり来たりの無駄が無くていい。

で、富士急ハイランドとなると、できるだけそこで過ごす時間を多くしないと、パスとかもったいないわけで、そうなると自ずと
キャンプ地は富士五湖周辺がベストであると、こうなるわけである。

神流町も丹沢も川沿いだったし、九十九里は海沿いだったわけで
やっぱりキャンプは水辺に限るわけである。

とりあえず富士五湖周辺で情報を収集してみよう。


今年検討する新装備だが、去年のエアベッドとツーバーナーが
究極に快適だったために、もうほとんど装備的には不足はない。

強いて言えば息子の成長にともなってテントが少々窮屈になってきている。
もう少し大型のテントに買い換えるかもしれない。
が、それは予算次第で撤回も可能である。

それとオートキャンプは今年で卒業の可能性もある。
となると来年は大型というより軽量のテントが欲しくなるだろう。
故に今年は現状装備で吶喊ということになるのかもしれないな。

いずれにしても頭をシーズンインさせて情報収集に励まなければ。


というかアウトドアネタにこのスキンは似合わないなあw
スポンサーサイト
大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: