面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別 コンパネ
2007年11月の記事

今日も食う食う

体重は83.3kg(排出前)

朝食 緑のたぬき

昼食(午後4時) みそラーメン、水餃子

食う量に波があるな
スポンサーサイト

福井ガンダムなかなか良いですよ

機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1) 機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)
福井 晴敏 (2007/09/26)
角川書店
この商品の詳細を見る


亡国のイージスやローレライなどでおなじみの福井晴敏が構築するガンダム世界。
濃厚な語り口で緻密に描かれるUC世界は、なかなか読み応えがあるですよ。

最初にガンダムエースで連載始まったときに、プロローグだけ読んだらなんかUC元年の話だったので、訳わかんないなと思ってそれから敬遠してしまっていたのだけど、ふと読んだ書評にUC0096の話だとあって、なんだそうか、と思ったのが買うきっかけ。

年代的には逆襲のシャアから3年後。閃光のハサウェイの3、4年前ということで、UC系を繋ぐリングの1つになる。結構細かい描写が多く、コロニー内の戦闘も実に科学的要素をふまえていて緻密で面白い。アニメだと映像だから深く考えないでさらっと流してしまったり、ノベライズの並の著者ではここまで書けないんじゃないかな。

今、2巻まで出てる。
単行本3巻発売までまだ時間かかりそうだし、本誌の方でも読んでみようかな。

アニメ化も予定されているようだ。
少なくともooとかSEEDなんかより全然面白いよ。
大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: