面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別 コンパネ

J2第48節 最も厳しく最も面白い事態

ついに鳥栖が背後に見える位置までやってきた。
上位3チームのうち全敗するチームが1つでもあって
なおかつ鳥栖が全勝すれば彼らは3位まであがる。
あるいは2チームが全敗なら2位までだって来られる。
これはラモスが残り10試合以上もあるのに「全勝」とか
わけわからない事を言っていたのとはまるで事情が違う。
今の残り試合は4試合なのだ。

とはいえいくらなんでもここからこっちが4連敗ってマックスにネガティブな妄想もちょっとしにくいので鳥栖にかっさらわれる可能性はないだろうと思うが、その勢いはちょっと・・・。
かなりヤバい状況下にあると想定される51節の相手が鳥栖である以上、嫌だなあ。

というわけで48節のグラフを。

2006y11m13d_020506656.jpg

鳥栖がついに4位に。今季中盤から形成されていた「見えない壁」を突破した。すごい力技だと思う。

2006y11m13d_020859375.jpg

勝ち点の停滞という点ではうちも神戸も同じ。
柏が息を吹き返したようにも見えるがこれだけ負けと引き分けが続けばそろそろ確率的に1つ勝ち星があってもおかしくないところにあるレベル。神戸との試合も僅差だったわけだし。

次節神戸とうちの戦いがまさに天王山ということになったわけだ。
勝てば極楽。負ければ地獄。引き分けでは泥沼直行。
サッカーの神様がニヤニヤしてんのが目に浮かぶよ。まったくもう。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: