面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別 コンパネ

FULIE changed my life

少しだけだが何者にも邪魔されずブログが書ける時間が出来た。
久しぶり。

転職を決意してから今日まであまり余裕もなくひたすらドタバタしてきたわけだけど、少しだけ状況を整理して皆さんにお伝えできたらと思う。

転職そのものに関しては何年も前からおぼろげには考えていたし、仕事内容も理想から徐々にズレてきていたので、遅からずこうなることはわかっていた。

しかし、何かが足りなかった。機が熟していなかったといえばそういうことであるが、それ以上に何か俺の中にパッションというか情熱と言うか(一緒か)そういった熱い何かが欠落して、あるいはどこかに置き忘れて来た様に欠けていたのだったと思う。そういう湧き上がる何かがない生活では、日々は無為にただ過ぎ去っていくばかりなのである。実際Uターンしてからずっと4年近くを俺はそのようにただ流されて生きてきた。夢は夢に。理想は理想に。現実とそれらはどんどん乖離して、その関係はもはや修復不可能にさえ思えた。そんな燻った生活。去年までならおそらくそのまま何もしないまま、ただただデカダンに日々を過ごし、寿命を浪費し、気がつけば何かをしようにも何もできない年齢にワープさせられてしまうところだっただろう。

しかし、先日お伝えしたとおり、俺は人生を変えることに成功したわけである。今年と去年と何が違ったのか。それはもう1つしかない。ずばり我らが横浜FCの優勝である。

今年の劇的な顛末についてここでことさら繰り返すまでもないので割愛するが(総括はもっと年末だな)、勝利という美酒がが俺の燃料となり、もっと試合が見たい!→首都圏に住んでないとダメじゃん!→じゃ転職するぞ!という実に短絡的な展開が脳内会議を支配し、大勢翼賛的に一致団結の末、この度の特攻的転職という暴挙に及んだわけである。

もちろんとりあえずまだまともな社会人としての一面も残している私なので、サッカー一点張りで人生の大切な決断を(しかも家族を巻き込む)したわけではない(と言い切れないのがアレだが、まあ世間体もあるので一応)のだが、その「きっかけ」に横浜FCの試合熱や城の渾身のプレイなどがあるのは否定などまったく出来ない特上の事実である。

いやこの際だからはっきり宣言してしまおう。
俺は横浜FCの試合に影響を受けて、もっと試合が見たいからという理由で今の会社をやめて東京に転職しちゃいました。はい。他の理由は全部後付でっす。イェイ。

幸いなことに転職は成功して、俺は俺の天職である本作りの仕事に復帰できたわけで、こりゃあもう何もかも横浜FC様様なのでありますよ。

だから2006年。
俺は横浜FCの優勝によって人生が大きく変わったのである。

ありがとう横浜!




あれ?あんまり状況説明になってないな・・・。
スポンサーサイト

COMMENT

転職成功、なによりです。
あとは。。。
横浜に家買っちゃえ!

まあ次に引っ越すときは横浜市内を目指しますよほ。今回はあまり強硬に出ないようにしますわん。

マンション選びは藤沢の姉歯物件で懲り懲りですか?(´ー`)

あれは買ったわけじゃないし別に懲りるようなことにもなってないな。家なんか買ったら引越しできないじゃん

その転職理由わかります。私も今は神奈川に住んでいますが、転勤でここを離れることになることを想像すると、yokohamaのことを考えざることは否めません。東京への転職、正解だと思います。人生、楽しんでいきましょう。

オフに頑張った分来年はスタ観戦を可能な限り堪能したく思います

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: