面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別 コンパネ

新ユニ詳細hummelより発表さる

とりあえず参照→hummel
画像あり。

今年はオーセンティック(選手仕様)とレプリカ(廉価版)の2本立てらしいな。

素材はどちらもルミエースなので、おそらくはエンブレムなどがレプリカではプリントになっているじゃないだろうか。
あるいは同じルミエースでも違うものなのかもしれない。

オーセンティック版はホーム、アウェイの2色。
3月1日発売。13230円。

オーセンは今年はパンツもある。2色。5985円ね。

レプリカはホームカラーのみ。8820円。
問題は発売が4月1日ということは、名古屋戦で発売ってことだな。

さてどうしたものか。

心情で言えばもちろんオーセンティック仕様に限る。
ナンバーも入れてな。

だがしかし。去年よりちょっと値段が上がりすぎだ。
年チケもやらかした俺の財布には少々荷が重過ぎる。
実際のところ開幕までにその資金を調達することは難しい。

3月の観戦を全部見送ればまあ足らせられないことはないが、
それでは本末転倒である。

であるならば4月1日まで引っ張って、レプリカの発売を待つのか。
そしてその時に上手いことオーセンが買えるほどの資金が用意できていればオーセンにすればよいという選択肢もある。
だがそれならば無理に4月1日にレプリカを買わなくてもいいわけで、もう少し待ってオーセンティックにすればよいとも言える訳である。

実に悩ましい。

でもまあ考えれば考えるほど、開幕からオーセンを着たいって結論になるだけなんだけどねえ。ダメだなあ俺。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: