面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別 コンパネ

終戦へのローレライ

終戦のローレライ〈3〉 終戦のローレライ〈3〉
福井 晴敏 (2005/02)
講談社
この商品の詳細を見る


いよいよ物語も最終局面へ向けて盛り上がっていく。

この小説は結構登場人物が多いのだが、それぞれ深く描きこまれていて面白い。たぶん映画ではこういった描写は難しい(まだ見ていないが主人公や艦長、ヒロインなどの主要人物以外の人物の回想シーンは省略されているだろう)ので小説ならでは深みというものだろう。

このブログを書いている時点では実はもう4巻(最終巻)まで読み終えているのだが、このブログを読書録のようにしようと思っているので、順次紹介していくのであります。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: