面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別 コンパネ

海洋サスペンス劇場

殺意の海へ 殺意の海へ
バーナード コーンウェル (1993/08)
早川書房
この商品の詳細を見る


富豪が海で殺し合いをするのを元軍人の体の不自由な主人公がヨットを漕ぎ出して阻止に向かうというサスペンスものである。

結構分厚いが、煮え切らない主人公が妙に魅力的でいいペースで読み切ってしまった。映画化しても面白いと思うけど、やってないのかな。英国作品だから、イギリスでドラマ化ぐらいはしてるかもね。

タイトルは印象が薄く覚えにくいけど、古本屋で見つけたら手にしてもいいかも。
スポンサーサイト

COMMENT

SFで面白いのはなんかありますか?

とりあえず宇宙の戦士かなぁ

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: