面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別 コンパネ

PSP動画再生プロジェクト 開通編

1.録画する
まずHDDレコーダーからコンポジットでAVCに繋ぎ、
USB経由でPCに取り込んでInterVideo WinDVR3で録画。

ここで面倒なのはWinDVRはリアルタイム録画の時間設定ができないってこと。かといって終わるまでじっと眺めているのもばかばかしいし、一度寝てしまったらぶっちゃけ起きれん。
仕方ないので5分後から2時間の録画予約を設定し、それにあわせてHDDレコーダーで再生することにした。原始的だが間違いのない方法だ。
翌朝無事に録画できていた。ノートPCでやったが、コマ落ちもなく十分なクォリティである。

2.変換する
PCで録画したMPEG2ファイルをImageConverter2plusでMPEG4に変換する。とりあえず768kbpsを選択。ハンドリングを考えて1ファイル30分で切り分けた(PC録画の時点で2ファイルになっていた)。

ここに結構時間がかかるようだ。表示では3時間などとなっている。とりあえず寝てる間に小人さんに働いてもらうことにした。

3.転送する
PSPをUSBでPCに直結。Image Converterなら転送も簡単にできて便利である。そのあたりはさすが純正か。転送自体はものの5分程度。容量は2時間(1試合)で800MB弱程度になった。

つまり1GBのMSDにはだいたい1試合分が収められるわけだ。そんなに何度ども同じ試合を見直したりはしないから、無理に大容量のMSDを買わなくても、これでいいのかもしれない。十分に値段が下がってからでもいい。

4.再生する
転送が済んだのでおもむろに再生。オリジナルサイズで再生するとかなりシャープで見やすい。ズームにすると若干輪郭がボケ気味になったが、迫力は断然こっちだろう。文字は読みにくいが、思ったよりきれいに再生された。

AVC 384kbpsにすれば容量は抑えられるが、クオリティ的にはそれはしたくない。768kbpsでも1試合まるごと1GBに収まるわけだから、無理に圧縮率を高めることもないのだ。今はコンポジットでつないでいるが、S端子で繋げば多少は改善されるかもしれない。

5.保存する
試合の映像は保管しておきたいが、ノートPCにはDVD-Rなどはないため、DVD-Rを備えるメインのタワー機との連携を考えなければならない。録画ファイルは全部で4GBちょっとぐらいになるので、DVD1枚にちょうど収まる感じ。やぱりLAN経由で移動させるのが得策だろうなあ。ノートPC用にDVD-Rを買うのも馬鹿馬鹿しいしね。


ここでAVCじゃなくてMPEG4に変換しておけばW44Sでも再生できるのだけど、そこに互換性を取ってもしょうがない。W44SでAVCが再生できればいいのだけどね。

とりあえずミッションはコンプリート。
4月半ばも過ぎてようやく通勤時に試合が見られるようになったわけであります。

ちなみに。PSPとMSDは弟から供与されている上に、今回新たに導入した機材もないので、費用はナッシング。俺グッジョブ。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: