面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別 コンパネ

NEXT

ちょっとブログに飽きてきたので、趣味で本でも作ろうかなと思う。

普通の小説じゃ面白くないから、何か仕掛けがあった方がいいな。

昔アドベンチャーゲームブックってあったじゃない。
火吹き山の魔法使いとかああいうやつ。

あんな感じでちょっとやってみたい。

そんで一部だけ手作りで作る。自分で遊んでご満悦。そんな感じ。

雑誌でもいいんだけど、雑誌は即時性が問われるので時間がたつと価値が著しく損なわれる。そこがどうにも面白くない。

あと、この本は成長させたい。

ゲームブックなのでそのリンクポイントを組み替えることで、新たな選択肢を設けられるようになっているような仕組みにしてみたいと思うんだ。

「成長する本」

これが俺の提示する新しいコンセプト。

というか本の住人が勝手に振舞って、どんどん拡張しちゃっていくようなそんな感じ。なんだけどな。
スポンサーサイト

COMMENT

そろそろハジメちゃん書けよ

ああ、それを回し読み本にしてもいいんだな。

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: