面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別 コンパネ

キャンププロジェクト2007(再考)

恒例の夏キャンプであるが、今年はちょっと状況が悪い。
東京へ転職してきてしまったので、スタートが首都圏という好条件を醸し出したものの、一転して「自分の足がない」という難しい条件が付与されてしまったいたのだ。
家のクルマはあるのだが、こいつは基本的に嫁のクルマであるし、今年に関してはその日程上使用が難しい。
あと、最近は稼働率が高いので、ここで数日借り出すのは大変である。

となると、当初計画の富士山麓方面というのは非常に難しいことになる。(情報くれたひとごめんなさい)

さて、どうしたものか。

と、ここでふと思い出したのが、盟友ライダー氏推奨の市原市民の森である。調べてみると駅徒歩15分。ほほう。いけるなこれは。
しかも無料ですか!えー?そんな話だったっけ?すげえな
方向性はもう決まりだな。

問題は荷物であるが、もともとオートキャンプの荷物肥大化には疑問を感じていたし、来年以降は徒歩系キャンプに移行しようと思っていたロードマップであるし、ここでの計画1年前倒し望むところである。

装備の軽量化、簡略化をドメスティックに推進して参る所存である次第であります。

とはいうもののとりあえずザックとキャリアーは必要だろうなあ。

あまり時間はないが、早急に計画をまとめたいと思う。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: