面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別 コンパネ

ガリレオ第1話を見たのだ

CjGareon.jpg


これはガレオン(オイ

ガリレオ第1回。「燃える」である。
原作を読んだばかりなので、どうなのかなと思っていたが、なかなか上手にアレンジしてあって楽しめた。中盤、このまま原作通りになってしまうとなんだかしょぼいなあと思ったところでドラマオリジナルにスムーズにシフト。なるほど、そこは面白いと思わされた。

ネタばらしはナシにしといてやるけど、なぜそこで唐沢を起用するのかといえば、やはり唐沢ぐらいでないと出来ない役どころであったりするわけだし、そこは必然なわけだな。
北村一輝も本来は湯川のコンビ役なのだが、そこをあえて一歩ひかせて、美味しいところをもっていってる。あれは下手に福山と並べると三枚目モードになっちまうから、いいスタンスかもしれないね。原作者イメージの佐野史郎ならコンビのままでもよかったかもしれないけど。
でもまあミステリは男女コンビの方がいろいろ作りやすいので、このアレンジはやはり必然なのかもしれない。

来週も楽しみだ。
ただ、炭酸ガスレーザーのうんちくはもっとたっぷりあってもよかったんじゃないかと思う。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: