面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別 コンパネ

大ロボット博に行ってきた

国立科学博物館で開催中の大ロボット博に行ってきたのだ。

始まって結構経っているのと、天気の悪い連休初日だったせいか結構空いていて楽に見られた。
会場は2つに分かれていて、まず入るのが後発トヨタのホール。
トランペット人形が演奏をしているが、まだまだ発展途上な香りがぷんぷんする。
これじゃアニマトロニクスと大差ないだろう。天下のトヨタなんだからもう少し本腰を入れて欲しいものだ。
他の展示物はだいたい既出のものばかりで、俺に取ってはあまり目新しいものはなかった。まあ、改良型とか結構あるので研究者の努力はうかがえるが、もうブームは下火って空気は感じられたなあ。

今回の博覧会が面白いのは、空想科学の分野まで対象を広げたこと。
ガンダムのMGシリーズ全展示とか、アトムの漫画直筆原画の展示などなかなか興味深いものがあった。目新しいかっていうと、そうでもないけど。

まあこんなもんかと思って第2会場へ。
こちらはホンダ館で、アシモのデモンストレーションをやっていた。
アシモか。ROBODEXで何度も見たしなあ、と思って油断していたら

動きがスゲエ

なんだこのアシモ。CMで走ってるのを見たけど、実際に見るとかなりすげえ。
家庭に導入されたファミリーサポートロボとしてもアシモという設定で、さまざまなシチュエーションに挑戦する(つーか出来ることを並べただけなんだけど)のだが、これがなかなか熟成が進んでいてすごい。
昔は方向転換が出来ただけで喜んでいたもんだけどなあ。

再来年あたりハーフマラソンとか出たらどうかな?


で、ロボ博だけでいいのかなと思ったら、ここから息子がブースト。
一般展示を見始めたら止まらない。なんだこの小学3年生w
俺はもともと好きなので興味あるのだが、お前も見るなら話は別だ。
本腰入れて親子でじっくり見学モードに突入。
結局閉館ギリギリまでお楽しみだったわけです。

でも全展示は見切れなかったんだけどね。3分の1ぐらいかなぁ。
また行こう。

あと、科博のレストランは安くて美味かったよ。
スポンサーサイト

COMMENT

しっかりお父さんしてますね

息子は片親だし兄弟もいないからな
出来ることはやっておくよ

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: