面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別 コンパネ

RC21世紀事情(さわりだけ)

昨日紹介したマインドストームは\37000とちょっとお高い。
そこまでの資金をまとめられなかった場合に備えてもう少し低予算の計画が必要なのであるが、それはさしあたりラジコンキットでいいのかなと思う。

で、まあ昨日帰りがけにヨドバシカメラに寄ってちょっと見て来たのだけど、グラスホッパー安いよなあ。そりゃ最新の4WDモデルに比べたら設計が古いし性能も落ちるけど、パーツが少なくてシンプルだから入門にはいいかもしんない。7,000円以下ってのはちょっと無視出来ないコストパフォーマンスだと思う。
こいつとあとはエクスペックSP電動RCドライブセット(プロポ・バッテリー・サーボほか)があればことたりる。基本工具とあわせても英世2人で収まるじゃないですか。
なにしろ入門なので手元に何もない。まずはプロポが欲しいのだから、車体は最小限のモデルでいいんじゃないかと思った。
予算に余裕があれば改良型のホーネットなり4WDのモデルにすればいいんだしね。

ちょっと最近の「電動ラジコンカー市場」(つーかぶっちゃけタミヤ)についてまとめてみたいのだが、まず1/10スケール系。オンロードはツーリングカーが主流のようでフォーミュラマシンはあまりラインナップがないようだ。F103RMという新しいシャシーが出たのでこれから盛り上がる可能性はあるのだけど。ボディは出てるのか出てないのかよくわからんな。俺がガキのころはラジコンキットといえばフォーミュラカーだったけどなあ(その後バギー全盛期が来るんだけど)。
オフロードは4WDの今風のミニ4駆っぽいやつ(ミニ4駆がマネてんだけどね)か、グラスホッパーやらホーネットみたいな復刻版に二分化されてる感じ。ビッグタイヤモデルもいくつかあるが軒並み品切れになってる。初回出荷分しか生産していないってことなのかなぁ。

で、よくよく情報を整理してみたら、今はその1/10スケール以外にもう1つの軸があることがわかってきた。「タムテックギア」という1/16スケール(A4サイズというらしい)の小型のモデルだ。ああ、なるほどタムテックギアってのはなんなのかよくわからなかったのだが、別のシリーズラインだったわけだ。プロポセットもタムテックギア用のものが用意されている。同梱になるバッテリーが1/10モデルとは違うからだ。
このタムテックギアはオフロード系とオンロード系があり、シャシーだけのキットがあったり、ボデイが選べたり、オプションパーツがかなり豊富だったりとなかなか侮れない。
やっぱミニ4駆ユーザーやダンガンレーサーユーザーを狙ってのラインナップなのかな。
小学生の頃ミニ4駆やってた子が中学になって移行するには確かにちょうどいい感じかもしれない。
あるいは本格的にRCやってる人がちょっとした遊び感覚で導入したりってケースもあるようで面白い。最終的にレース出たりバリバリ改造したいってんじゃないから、最初からタムテックギアでもいいのかもしれないな。
もっとも値段自体は1/10スケールとそう大差ないのでどっちでもいいんだけどね。

さーて。どうしたもんかなぁ。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: