面陳ポン!

本屋横丁のホニョ子が表紙についてのみ語る部室

HOME Author:面陳のホニョ子さん
書店に出没するという座敷童の一種で、勝手に売れ筋でもない本を面陳して去っていく謎の存在。彼女が訪れる書店は今後も生き残れる可能性が高いので、邪険にしてはいけない。追い払おうとしたり、店員が面陳された本を見つけて舌打ちした店は、1年以内に閉店になっているという説もある。 Twitter(@fuliefool:波野發作)のまとめもついでにやってあげてる。

honyoko

Author:honyoko
書影がすべての世知辛い世の中で

新ネタ 投稿日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別 コンパネ

最終回

さて。一応区切りだけはつけておこうと思うのですが
このブログは今回がラストエントリーとなります。

そう思い立ったのは1ヶ月前。
1ヶ月書かなかったら、あるいは書かずにいられたとしたら。
それは俺にとってもはやブログというものが必要ではなくなった証であると
そういうことになるだろうと、そう思って、1ヶ月を待ったわけです。

思えば2回の移転を経て、結構長くやりましたね。
毎日更新をやめてからもう1年が経ちます。
で、まあ、そろそろ、いいのかなと。

やりかけの企画は沢山ありましたね。

13日間日本一周
四国上陸時点で終わってましたね。
まあ、四国のあとちょっとした再会ドラマなどありまして
それをどこまで描くのか、決めきれないままズルズルとしてしまったわけなんですが
これに関しては何らかの形で、北海道までの全行程をお目にかけたいと思っています。

横浜物語
もありました。
ただこっちはだいたいのエピソードはすでにほとんど語ってあるので、
あとはフィクションも交えて面白おかしくなるように脚色して
仕上げて行くってことでいいのかなと思います。


さて、ブログをやめてどうするの、ということなんですが、
ブログも流行から3、4年経って、いろいろなスタイルが確立されたり
マンネリ化したりして、どうもその役目は既に終えているんじゃないのかなと
思うようになったわけなんですね。

で、新しい何かをやりたいというのは、常に俺が思っていることでもあり、
俺にとって、ブログというメディアは、「もういいのかな」と
とりあえず継続する意味はないのかなと、
そんなように思うようになったわけなんです。

次に何すんのー?
と聞かれる方がいるのかどうなのかわかりませんが
自分としては、俺の職業でもある「本作り」というものに
もう少し正面から向き合ってみたいなあとなんとなく思って来たことを
実行に移してみようかなと、そんな風に最近は思っています。

週刊サボリーマンというネタ企画もありました。
パイロット版を少し作って友人に配ったりしましたが
あれはいかんせん1人ではどうにもならない。
まともな記事が指示なく書ける人と
図が書けるやつ。ヒマつぶしに雑誌レイアウトができちゃうやつ。
がそれぞれいないと、なかなか出来ない。

まあ俺のヒマつぶしにそんな大勢を巻き込むのもなんだし、
やっぱり1人でシコシコ出来るものがいいよなと思うんですよね。

ぶっちゃけると、装丁のデザインを少し本格的にやりたいなと。
デザイン学校なんて気の利いたもんには縁がなかったので
まったくの独学になるわけなんですが、ルリユール的なね、手作り装丁を
少しきちんとやりたいなと思っています。

1冊しかない本を作ります。
印刷の知識は十分にありますが(元印刷屋だしね)、ま、金がないので
1冊だけ作ります。

で、まあその、1冊をね。希望者で回し読みすんですよ。
ずーっとね。いつも誰かのところにある。
1冊の本を全国で回し読みするようになったら、面白いなあ。
内容は、まあ別に流通させるわけじゃないのだから
自由だよね。俺の好きにしていいわけだよね。

俺による俺のための俺だけの本を作ります。

俺のオナニー。見たい人だけ見せてあげます。


ま、そんなことを数年前に思いついて、
そろそろやってみようかなというわけなんです。

ブログをやってきて、ひたすら文章を書き続けて晒し続ける経験はつめました。
今度は書き直しの効かないガチンコ文を書かないとならないね。
少し緊張するかも。


内容が小説なのか、絵本なのか、そんなことは決まっていません。
決める必要もないのかな。
自由に。書こう。

告知はしません。
出来上がったとき、たまたま仲のいい人がいたら
その人から読んでもらいます。
あとは、回し読み。

というわけで。
ブログのお別れのご挨拶のつもりが
ついつい余計なことを書いてしまいました。

フリエフールの方は少し仕事が楽になったら書くこともあります。

ではそろそろ。

今まで読んでくださった
個人的なお友達、ありがとう
ゲームの仲間たち、ありがとう
涙枯の変人たち、ありがとう
横浜FCサポのみんな、ありがとう
たまたま流れ着いたひと、ありがとう
君に、ありがとう
そこのあなたも、ありがとう
俺に、ありがとう

END
スポンサーサイト

COMMENT

毎年恒例のキャンプ企画はどうしてくれるんだって話

なんかはじめたら教えてください。

>馬
キャンプ関係はMixiの方でやるんじゃないかな

>陛下
陛下のブログにでもコメントさせていただきましょう

お疲れさまです。
またアチラコチラで会えたらいいですね。

おいおい、おれのハジメちゃんどうなるんだよ

>おはなはん

そうっすねー
できれば年内には

>います

ハジメちゃんか
それこそ回し読み用に最適かもわからんね

来年はJ2で横浜ダービー見れるかも
羨ましいなあ(´ー`)

J2横浜ダービーは日に日に確実性が高まってきて
ワクワクしてますw

東京ダービーも可能性があったのに残念でしたね

EDIT COMMENT

非公開コメント

大将堂

苦情は随時受付中(読まないけど)

名前:
メール:
件名:
本文: